季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「クラリンドウ」

2017-12-15 04:43:45 | 暮らし
名言名句(95)

「苦しい時には、自分以上に不幸な男のいたことを思う」

『ゴーガン』


仕事、生活を問わず、人間の日常には、必ず辛く苦しい時が

あるものです。奇妙なもので、そういう時、こんなに辛く苦

しい立場に置かれているのは、自分一人ではないか、という

思いに駆られることです。まわりに、目がいきません。

しかし、そのような時こそ、自分よりももっともっと不幸せ

な人間がいると思うことで、救われるものなのです。

「俺の不幸は、あいつに比べるとまだまだ大したことではない」

と思うことこそ、大事なことです。

ここの「不幸な男」とは、フランスの画家ゴーガン「(1848-1903)

の友人で、おなじく画家のゴッホ(1853-90)のことで、二人は、

おしまいには別れることになりますが、アルルで二カ月あまり共に

暮らしていたことがありました。

=============================

12月に咲いている花「クラリンドウ」

花の特徴 緑色を帯びた白い花を下垂して咲かせる。

合弁花で花冠は5つに裂け、裂片は横に開く。

長い雄しべが突き出している。

葉の特徴 葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。

葉は艶のある緑色をしている。

実の特徴 花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が

多い実)で、黒く熟し、星状に開いた赤い萼をつける。

この花について ―

その他 グレープバニラ(grape vanila)、ブライダルベール

(bridals veil)などの英名があるという。

学名のクレロデンドロン・ウオリキーでも流通している。

ただし、種小名の片仮名表記は「ワリッキイ」や「ワリチィ」

などまちまちである。

属名の Clerodendrum はギリシャ語の「cleros(運命)+dendron

(樹木)」に由来する。スリランカにあった同属の2種を

「幸運の木」「不運の木」と呼んだことからきている。

種小名の wallichii はインド植物の研究者「ウォリッチ

(Wallich)さんの」という意味である。

(みんなの花図鑑より))



この記事をはてなブックマークに追加

季節の鼻「キンセンカ」

2017-12-14 05:11:26 | 暮らし
名言名句(94)

「おぼしき事いはぬは腹ふくるるわざ」『吉田 兼好』


言いたいことが胸の中にいっぱい詰まっているのに口に出して

言わないのは、腹がくちくなって苦しくなるような、そんな

不快感である、というのです。

このような経験を持っている人は、大勢いるはずです。

あるとき、パッパッと言うことが出来たら、どんなに胸が

すっきりするだろう。ということは、一度ならずに度三度と

あったに違いありません。それが、周りの雰囲気とか相手の

態度で言えなかった、という苦い経験は、いつまでも忘れ

られない事柄です。

==========================

12月に咲いている花「キンセンカ」

花の特徴 花の色は黄色、オレンジ色、クリーム色などである。

花径は7~12センチくらいである。

一重咲きのものと八重咲きのものがある。

日の出とともに開き夜には花を閉じる。

葉の特徴 葉はへら状で、互い違いに生える(互生)。

実の特徴 花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、

種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。

この花について 和名は中国名の「金盞花」を日本語読みしたも

ので、「盞」には盃の意味がある。

花の色と形を「金の盃」にたとえたものである。

別名のカレンデュラは学名のCalendulaからきている。

この名前はラテン語のCalendae(毎月の第1日)に由来する。

どの月の初めにも咲いているほど花期が長いということから名

づけられたのであろう。

英名のポットマリーゴールド(pot marigold)である。

ヨーロッパでは、古くから食用や薬用(虫さされの薬)として

使われてきた。

種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。

俳句の季語は春である。

その他 PHOTO1撮影者:qoohさん/PHOTO2撮影者:アリスさん


(みんなの花図鑑より))





この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「御柳梅(ぎょうりゅうばい)」

2017-12-13 04:43:30 | 暮らし
名言名句(93)

「冬来たりなば華遠からじ」『シェレー』

人の生涯は、晴れた日、曇った日、雨の日、嵐の日の繰り返しと

言っても良いでしょう。静かな波の時もあれば、暴風雨のために

荒れる時もあります。荒れた次の朝には、まるで嘘のように穏や

かな波になっていたりで、変転きわまりない様相を示します。

「今が一番大変な時なんだよ、ほら、冬来たりなば春遠からじって

いうじゃないか」だれの言葉か、語源は分からないまでも、事業の

不振で落ち込んでいる知人などを励ます際に使う言葉として、一般

にはよく知られています。友人、また知人の子息などが志望校に

失敗した時などにも使います。激励の金言として定着している言葉

とも言えます。

============================

12月に咲いている花「御柳梅(ぎょうりゅうばい)」

花の特徴 花径は1~2センチで、5弁花である。

雄しべは5本である。

花の色は赤、ピンク、白などがあり、一重咲きと八重咲きがある。

葉の特徴 葉は長さ1~2センチの幅の広い線形で、

互い違いに生える(互生)。

葉の先は鋭く尖り、赤味がかっていて、よい香りがする。

英名はティーツリー(tea tree)だが、これはおその他の代わり

に飲用したことからついた名である。

枝には棘がある。

実の特徴 花の後にできる実はさく果(熟すると下部が

裂け、種子が散布される果実)である。

この花について ―

その他 ニュージーランドの国花である。

葉の形が「御柳」に似て「梅」のような花を咲かせるというの

が名の由来である。

蜂蜜の蜜源ともなっている。

属名の Leptospermum はギリシャ語の「leptos(細長い)+

spermum(種子)」からきている。

種小名の scoparium は「箒状の」という意味である。

(みんなの花図鑑より)




この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「吉祥草(きちじょうそう)」

2017-12-12 04:28:06 | 暮らし
名言名句(92)

「その罪を悪(にく)んでその人を悪(にく)まず」
『孔叢子(くぞうし)』


『孔叢子(くぞうし)』は、孔子とその門人の言行、及び孔子の

親族のことを記した本です。

人間は罪深い存在です。だからと言って、人間の本質は、悪の

かたまりとばかりは言えません。罪は人間が犯すものですが、

罪そのものを憎んでも、それを犯した人間を憎んではならない、

というのです。刑法に、教育刑主義と応報刑主義という立場が

あります。前者は、罪を犯した当人の置かれた社会環境が悪い

のだから、犯人を教育して改善させようというもので、後者は、

罪を犯したのは犯した当人が悪いのだから、犯人を懲らしめる

ために刑を科すべきだ、とする立場です。この二つの主義を考

える時、罪は憎悪すべきであるが、罪を犯した者を憎悪するな、

という意味は、教育刑主義の根幹にある思想と言えるでしょう。

===============================

12月に咲いている花「吉祥草(きちじょうそう)」

花の特徴 淡い紅紫色の花が穂状につく。

花は下から上へと咲き上がっていく。

花びら(花被片)は6枚あり、まくれるように反り返る。

花びらの外側は濃い紅紫色、内側は淡い紅紫色である。

6本の雄しべと1本の雌しべが花の外に突き出している。

花は葉より低いところにつくので、なかなか見つけにくい。

葉の特徴 根際から生える葉の形は広めの線形である。

ジャノヒゲ(蛇の髭)に似ているが、葉の幅がそれより広く、

明るい緑色をしている。

実の特徴 花の後につく液果(果皮が肉質で液汁が

多い実)は赤紫に熟し、動物に食べられて広がる。

この花について ―

その他 和名の由来は、吉事があると開花するという伝説

からきている。

属名の Reineckea はベルリンの園芸家「ライネッケ(H. J.

Reinecke)さん」の名からきている。

種小名の carnea は「肉色の」という意味で

(みんなの花図鑑より)


この記事をはてなブックマークに追加

季節の花「寒椿」

2017-12-11 04:39:34 | 暮らし
名言名句(91)

「愛と憎しみとは背中合わせであることを理解するとき、初めて

本当の愛を知ることが出来る」『光 秋』


愛が深ければ深いだけ、憎しみも同じように深くなる

ことがあります。愛と憎しみ、全く相反するこの二つ

の感情は、そのじつ、固く手を握り合っているから

厄介なのです。愛は愛だけ、憎しみは憎しみだけなら

ばいいのに、深く愛すれば愛すっるだけ、その愛が

裏切られたときには、その分憎しみが燃えるものです。

愛の深さにこたえるには、同じ深い愛が必要です。

ほんのわずかな愛でこたえると、余地を残した愛の

容積に憎しみが入り込みます。小説に、またテレビ

ドラマに、様々な愛憎のドラマが日夜私たちの眼前

に繰り広げられていますが、そのほとんどは愛と憎

しみとの絡み合いです。

==========================

12月に咲いている花「寒椿(かんつばき)」

花の特徴 一般的には淡い紅色の八重咲きが

多いが、白や桃色のものもある。

花には仄かな香りがある。

葉の特徴 葉は暗い緑色をした細長い卵形で、

互い違いに生える(互生)。

葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。

実の特徴 花の後にできる実はさく果(熟する

と下部が裂け、種子が散布される果実)である。

この花について ―

その他 サザンカ(山その他花)のカンツバキ品種系で

、枝が横に広がる傾向がある。

枝が上に伸びるものは、タチカンツバキ(立ち寒椿)と

いって区別をする。

属名の Camellia はイエズス会の宣教師「カメル(G.

J. Kamell)さん」の名からきている。マニラに住み、

東アジアの植物を採集した。

種小名の sasanqua は「山その他花」のことである。

(みんなの花図鑑より)




この記事をはてなブックマークに追加