空耳 soramimi

あの日どんな日 日記風時間旅行で misako

「アンダーカレント」 豊田徹也 講談社(アフタヌーンCODX)

2017-04-18 | 読書



 
表紙が美しい。こうして横たわっていられるのは、すでにあらわれた出来事を超えて、激しさなどない世界に住み始めているのだろう。

生活をこなしていくには、時間の起伏を渡っていかないといけない。

夫が突然いなくなっても、急にあらわれて消える男も、一時の流れにしかならない。

何もしないわけではない。夫はなぜどこに消えたのだろう、と思いながら生きている。

謎が解けてみれば、わがままであっても自分勝手であっても、人はただ一日一日を積み重ねて生きていかなくてはならない。
言葉や行為が人を傷つけたり、救ったりしながらでも。
そうして生きることが、庶民の暮らしだと語っている。

心を傷つけあったり、気持ちの騒ぎを抑えて、憎んだり許しあう、はた目から見ればさほどでもない、ありきたりの出来事が、胸に残るようなしっかりとした、静かな筆致で進んでいく、繊細な物語にひかれた。

題名もいい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「野生のゴリラと再会する」... | トップ | こびとが打ち上げた小さなボ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL