縁側の丸い背中

東海地方の田舎町に住むグータラ主婦たけ。
家族のこと・世間様のこと・・日々出会う様々な出来事への思いをつぶやいてみる。

夏休み事情

2017-07-23 22:30:05 | Weblog
梅雨明けで蝉の声が一段と賑やかになってきた今日この頃
連日の真夏日で首にタオルが欠かせないたけであります
あ゛~かき氷食べたいぃ~

全国的には夏休みに突入したところだろうか。
最近は共働きのご家庭が大半だから、毎日の食事の心配からラジオ体操プール当番などどうやってこなそうか頭を悩ませているんじゃないかとお察しいたします。はい…

たけの住む地区は10年くらい前から2学期制になった影響で、夏休みや冬休みは「学期の区切り」という扱いではなくなった。
長く続いた7月の20日頃1学期終了、9月1日2学期開始という夏休み期間も最近は7月末から8月末という感じで短くなっている。
最近某自治体で夏休みを2週間程度に短縮する方針というニュースが流れたりして、様々な反応があったようだ。

まあ昔でも鍵っ子はいて、親が不在でも問題なくやっていた家庭も多かったとは思う。
ただそういう場合は祖父母とか近所のおばちゃんとか親代わりになってくれる人がいたものだが、今はご近所同士の繋がりも希薄で関心も薄く、何か事故が起きた場合の責任の所在も難しい。
下手に関わってトラブルに巻き込まれたらと思う人も多いことだろう。

保護者が常時在宅している家庭が少なくなり、長期間平日昼間の子供を受け容れる場所が限られている現状では学校に居てくれた方が安心てのもある。
なんか子供たちの最大の楽しみが短くなってしまうのは気の毒だが、これも時代の流れかもと思ってしまう。

小中学校は2学期制になったが、高校は3学期制で昔ながらの夏休み期間。
高校生とも成れば、部活や予備校通いやバイト等々自分の意志で行動出来る年代なので、特に心配することもなくなる。
ただ夏休みってのは誘惑も多い。
我が家は大きく外れることなく過ごしたが、あれこれ心配な事例が起きることもある。
干渉し過ぎず、目配りは怠らず、この辺りのバランスってなかなか難しいよねえ

ちなみに社会人となった我が家の息子たちの夏休みは帰省するかも不明。
まあどこにも行く予定がなくて(お金もなくて)「取りあえず家に帰るか」って帰省するかもしれないかな~?
まあ大人になったらそかんなもんよ…ははは

取りあえずみんな無事に楽しい夏休みを過ごせることを祈ってますよ~


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緑のおばさん | トップ | 夏の声 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。