ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「マザーズ・デイ」、母の日をめぐる母たちの悲哀!

2017-05-17 09:29:04 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

母の映画好き ☆☆☆

一部劇場公開

マザーズ・デイは母の日である。

母の日に書くのを失念していた。

監督は、「プリティ・ウーマン」のゲイリーマーシャル、残念ながら本作が遺作となった(昨年7月死去)。

「バレンタインデー」「ニューイヤーズ・イブ」に次ぐ、3部作のラスト。

ジュリア・ロバーツ、ジェニファー・アニストン、ケイト・ハドソンら豪華女優が結集。

ただ、一人に絞らず、いくつかの母の悲哀が描かれ、群像劇となっている。

それぞれの、設定がユニークで、家族が抱える様々な問題を突きつけられた男女達の奮闘劇が、コミカルな展開満載で描かれていく。

後半のお笑いステージがいい。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リトル・ボーイ 小さなボ... | トップ | 「映画 聲の形」、先天性聴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL