ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「僕のワンダフル・ライフ」、犬目線のラブストーリーです。

2017-10-10 17:53:10 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

犬映画好き ☆☆☆☆

犬を飼った人なら、だれしも、この映画に感動し、涙さえうかべるでしょう。

タイトルから、少年の犬とのいい生活かと思ってみたが、予想外れ。

犬ちゃんの、ワンダフル映画でした。

少年に助けられ、そのまま、少年とのワンダフルライフ。

子供と犬は相性がいい。

かく言う私も、少年の頃、犬を飼ってまして、まさにこのようなワンダフルライフでした。

ただ、生きもの故、命があります、特に犬は人間より命が短い。

この映画は、犬が死んでも、また生き返るというずるい手法で、愛の物語を長続きさせます。

警察犬であったり、孤独な人を助ける犬であったり、

そして、年取った少年との再会というドラマを用意して、感動を呼びます。

野犬などの、マイナス面がなく、善意の犬と人間の愛情をもろに描いて成功している。

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「盗聴者」、秘密組織とかか... | トップ | 「22年目の告白 私が殺人犯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

僕のワンダフル・ライフ (ネタバレ映画館)
愛犬には留守番させて劇場で鑑賞。
僕のワンダフル・ライフ(日本語吹替版) 監督/ラッセ・ハルストレム (西京極 紫の館)
【声の出演】  高木 渉(ベイリー/バディ/ティノ/エリー) 【出演】  ブリット・ロバートソン(10代のハンナ 声:花澤 香菜)  ジョン・オーティス  (カルロス    声......
『僕のワンダフル・ライフ』 生きる目的 (映画のブログ)
 犬の気持ちも観客の気持ちも、本当によく判っている!  『僕のワンダフル・ライフ』には感激した。  犬を題材にした映画は多い。ジャンルも犬の扱いもそれぞれだから一概に......
僕のワンダフル・ライフ (to Heart)
僕の愛は不死身なのだ。 原題 A Dog's Purpose 製作年 2017年 上映時間 100分 原作W・ブルース・キャメロン『野良犬トビーの愛すべき転生』(新潮文庫刊) 監督 ラッセ・ハルストレム ...