ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ひかりをあててしぼる」、新宿渋谷エリート殺人事件にヒントを得て映画化。一種のホラー映画。

2017-07-17 17:32:01 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆

夫を殺しばらばらにして遺棄した事件、ホラー映画好き ☆☆☆

アメリカの批評サイト「Hollywood Investigator」が主催するホラー映画賞「Tabloid Witch Awards」で、最優秀作品賞と最優秀女優賞をダブル受賞。

憶えておいででしょうか、2006年、渋谷区富ヶ谷のデザイナーズマンションにおいてワインのビンで夫・祐輔さんをめった打ちにして殺害した。彼の頭には8ヵ所の挫創と亀裂骨折が刻まれていたという。

被告三橋歌織、懲役15年の判決が確定している。

この事件をヒントに舞台劇を主宰していた坂牧良太さんが、脚本(共同)・監督した映画。

夫からのDVがあり、狂った男女関係の成れの果て。

加害者の妹と友人の巧をたくみに絡ませて、男女の機微を描いている。

夫をワイン瓶で殴って殺し、倒したクローゼットに土を詰め、のこぎりで解体する、まさに狂気とホラーの極致。

演出も、ホラー度を狙っており、心理的な怖さを狙っている。

そして、主演女優の派谷恵美さんが、実にいい演技をしている。

殴られて笑っていられる主人公を、素か演技か、その笑顔が怖い。

DVと殺人という暗い映画だけに、苦手な人もいるのでは。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゾウを撫でる」、映画製作... | トップ | 「カーズ クロスロード」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL