ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「パシフィックウォー」、原子爆弾をテニアン島まで運び、帰路潜水艦に撃沈された巡洋艦の話!

2017-06-20 16:14:43 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

ドキュメンタリー好き、サメ映画好き ☆☆☆

太平洋戦争末期、原爆をテニアン島まで運んだ船があった。隠密航行のため、護衛艦が付かず、単独極秘。行きはなんとか、爆撃を交わし、成功したが、帰港時、日本の潜水艦につかまり、爆破される。

そして、海に投げ出された乗組員は、飢えと疲労と、サメの攻撃に遭い、大勢の人が死んだ。

日本の潜水艦が登場、攻撃の様子が写されるが、考証のまずさや、CGのまずさが指摘されている。

ただ、この映画、人間ドラマで、男だけの駆逐艦での様子や、海に放り出されてからの生きざまなどが主体の映画だ。

一方、サメだけは主役級で、大勢がなくなる。

ニコラスケイジが、艦長を演じ、非情な任務を淡々とこなし、部下に目配りする様をうまく演じている。

上陸後、裁判にかけられ、最後は悲劇の末路だ。

海の上の漂流シーンが長く、眠気を誘う。

一応、日本軍も敬意を評して描いているが、所詮敵だから。

ラストは、実在のメンバーの写真のオンパレード。

まあ、アメリカとしては、敬意を評すべき人たちだ。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パトリオット・デイ」、201... | トップ | 「Mr.&Mrs.スパイ」、一般人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL