ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ハングリー・ハーツ」、赤ん坊をめぐる禁断のパラノイアサスペンス!

2017-03-20 17:32:50 | イタリア映画

おすすめ映画 ☆☆★

パラノイアサスペンス好き ☆☆☆★

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーと「夏をゆく人々」「やがて来たる者へ」のイタリア人女優アルバ・ロルバケルが夫婦役を演じ、第71回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞と女優賞をそろって受賞した。

舞台はニューヨーク、だから基本英語。

トイレに閉じ込められ、知り合った二人。結婚するが、妊娠、独自の出産を希望する妻。

やがて、子供の教育をめぐって、夫婦間の対立が。

妻は、非常な潔癖症。

自ら作る菜園の野菜しか食べささず、痩せていく。

夫は、隠れて、食事を食べさせるが、すぐ見つかり、怒られる。

夫の母が来て、心配顔。

医者に見せようとするが受け付けない。

役所に相談するもらちが明かない。

やがて、

妻の異常さに、引き込まれるが、その後どうなるのか心配。

ある意味、ハラハラドキドキ。

顔中心の映像が、物語をサスペンスフルに。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の果てまでヒャッハー... | トップ | 「ラビング 愛という名前の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
第27回東京国際映画祭「ハングリー・ハーツ」 (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で鑑賞。ヴェネツィア映画祭でアルバ・ロルヴァケルが主演女優賞を、アダム・ドライバーが主演男優賞を、とダブル受賞をしている。 告知......