ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」、チェコのユダヤ人の子供たち669人を救った男・ニコラスの物語!

2016-12-28 17:51:47 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆★

見てほしい度 ☆☆☆☆

これは、イギリスのシンドラーと呼ばれたニコラス・ウィントンの第二次世界大戦前夜、「キンダートランスポート」と呼ばれた作戦を実行した男の物語である。

映画は、ドキュメンタリーであるが、中には、再現部分も含まれる。

日本では、杉浦千畝が有名だが、イギリスにもシンドラーがいたのだ。

大戦まで、ドイツは、ユダヤ人排斥のもと、海外へ追いやっていた。そんな中、チェコには多数のユダヤ人がいた。

その子供たちを救おうと立ち上がったウィントン。ヨーロッパの他の国は受け入れてくれず、結局彼の母国が受け入れてくれた、そして養子縁組という形で受け入れたのだ。そのあっせんをしたのが、ウィンストン。

後日談、ウィントンはもともと銀行マン。その後すっかり忘れていた。

それから50年後、たまたま妻が、「キンダートランスポート」の記録を見つけたことから、テレビ局の目に留まり、大人になった子供たちとの再会が果たされる。

そのテレビのディレクターがこの映画の監督だ。

そして現在もこの活動の輪が広がっており、みんなに参加を呼び掛ける。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「裸足の季節」、トルコ出身... | トップ | 「オフィス 檻の中の群狼」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL