ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「高慢と偏見とゾンビ」、名作「高慢と偏見」にゾンビをプラス!

2016-10-18 17:27:15 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

文学映画好き ☆☆☆★

ジェーン・オースティンによる恋愛小説の古典「高慢と偏見」を映画化した。そこにゾンビを加えたらどうなるか?が本作品。

感染するとゾンビとなる謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。

片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら得意のカンフーでゾンビと戦う毎日を送っていた。

この5姉妹がゾンビをやっつけるという、状況設定が面白い。

又、武闘も中国流カンフーと、日本流刀が使われ、女子たちは、演技とともに武闘をも演じるという圧巻。

隣に引っ越してきた大富豪の騎士ダーシー。娘たちのあこがれ。

高慢なダーシーに偏見を持っていた次女エリザベス。

だが、ゾンビと戦ううちにその誤解も解けてという、王道の恋愛話。

18世紀の貴族社会の豪華な衣装や、豪邸など、気品のある作品づくり。

基本、ゾンビは添え物だが。

一ひねりは一応成功している。

だが、本筋の恋愛話がちょっと盛り上がりに欠ける。


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「テラフォーマーズ」、火星... | トップ | 「王の運命(さだめ) 歴史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
高慢と偏見とゾンビ  監督/バー・スティアーズ (西京極 紫の館)
【出演】  リリー・ジェイムズ  サム・ライリー  ジャック・ヒューストン 【ストーリー】 18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するとい......
『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」 ......