ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」、アメリカ南北戦争時に、立ち上がった男の物語!

2017-07-23 17:03:17 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

PG12 グロいシーンがあります。

南北戦争時、南軍の衛生兵として戦ったニュートン・ナイト。

戦争の不合理さを身をもって感じた彼は、死んだ甥の死体を家に持ち帰り、農民を虐待する南部軍に歯向かい、脱走兵として追われる身に。

湿地帯にかくまわれるが、やがてそこに住む脱走兵や奴隷たちを束ね、南部軍と争うことに。

この辺は、少数人で正規軍をやっつけるやや痛快な場面が続く。

しかし、その後は、多勢に対抗しきれず、発展はなく、やがて南北戦争は北軍の勝利に終わる。

ニュートンナイトは、実在の人物だが、小説などを題材にしており、脚色部分が多いと思われる。

一方、物語は、孫の代の結婚差別の話にまで及び、ややダレル。

KKKの襲撃など、黒人差別の問題は根深い。

「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーがナイトを演じており、なかなかの好演。

だが結局アカデミー賞のノミネートはなく、興行成績もいまいちだとか。

リンカーンが、理念の人であったが、ナイトは、地でいった、奴隷解放(黒人女性と結婚)者として、今に生きる。

それにしても、このような歴史があったことが知れて、アメリカの複雑な事情がうかがわれる。


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「標的の島 風(かじ)かた... | トップ | 「怪盗グルーのミニオン大脱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL