ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「教授のおかしな妄想殺人」、ウディアレン監督のロマンスサスペンスです

2016-11-20 09:28:51 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

ウディアレン好き ☆☆☆★

主人公英ブが、哲学科の教授ということで、下ネタを含んだアレン節(哲学的)の炸裂で、淡々とした物語の展開もあって、アレンファンでないと眠くなる作品です。

ただ、アレン好きには、小ネタ満載で、恋物語の駆け引きや、ラストにかけての殺人ドラマ。

ラストの、意外な展開。など、裏切ってくれません。

おまけに、アレン好みのエマストーンが、小粋な大学生で、エイブにぞっこんという設定。彼女をきれいに撮るための様々な工夫。

それにしても、ロシアンルーレットまでする無気力男。たしかに、長い人生、こんな落ち込みの時期もある。それが一旦、殺人というどでかい誘惑にはまるエイブ。そこから、反転ポジティブ男に。

ラストも、有りうる展開だが、反転という見事な展開。小道具が効いている、うまいミステリ。

エイブを演じるのがちょっとこてこてのホアキン・フェニックス。重量増で臨んだでっぱらは、いかにもって感じ。

それにしても、81歳のアレン様。枯れながら毎年映画を撮り続けるエネルギッシュに感心。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「92歳のパリジェンヌ」、リ... | トップ | 「エクストラクション」、ブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL