ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」、第二次大戦下のアメリカ西海岸、発達障害の少年がいた。

2017-05-16 17:23:32 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

ヒューマン映画好き ☆☆☆☆

メキシコ人監督アレハンドロ・モンテベルデ作品のため、メキシコの映画賞ルミナス賞では作品賞・最優秀監督賞・新人賞(ジェイコブ・サルバーティ)の3冠を達成した。

広島に落とされた原爆の名前が「リトルボーイ」としり、この映画を思いついたという。

発達障害でちびっ子の8歳の少年ペッパー。

ちびゆえに、常にからかわれるペッパー。父はよき理解者で、「頑張ればなんとかなる」と教え込まれる。

父と一緒に見に行ったマジックショー。そこで、マジシャンに招かれ、瓶の移動に成功する。

それ以来、自信を持つように。

兄がいるが、偏平足のため、兵隊に行けず、代わって父が戦争に。

近所に住む日本人。敵国人だが、収容所から移り住む。

憎しみのあまり、窓ガラスを割るが神父に諭される。

それから神父の「達成すれば願いがかなう」リストを渡され、日本人とともに解決していく。

そして、父の帰りを願って、海に向かって祈ればなんと、

アメリカ映画だから、日本は敵国だが、日本人を登場させ、戦争中でも、個人的には敵味方ではないことを理解させる。

少年の視点で戦争を切り取った不思議な映画だ。

母親役のエミリーワトソンほか、トムウイルキンソンなど、国際派俳優が脇を固める。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「溺れるナイフ」、モデル経... | トップ | 「マザーズ・デイ」、母の日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL