ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「孤高の遠吠え」、富士宮の本物不良の映画です。

2016-10-13 15:07:34 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆★

不良の映画ですから、ご注意を。

静岡県富士宮市で実際に起きた事件の数々をもとに映画化した青春バイオレンス。

監督は富士宮出身小林勇貴。土日を利用して、知り合いの不良をメインに撮り上げた。

全編、物語らしいものはないが、エピソードの積み重ねで、不良たちの行動を取り上げていく。

原付バイク購入の話から、不良たちとの付き合いが始まり、原付バイクの盗みなど、合法性はない。

町を走る原付などの危ないゲリラ撮影も、インディーズだから許されるのかも。

普通の家庭に押し込んだり、スーパーの中を走り回ったり、撮影自体もやりたい放題。

映像は、ブレまくりますが、臨場感たぷり。

喧嘩シーンは、本気度満点。

刺青は本物。

カナザワ映画祭など、各地でゲリラ公開。今回DVDレンタル開始。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あの頃エッフェル塔の下で... | トップ | NHK朝ドラ「べっぴんさん」始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL