ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ラスト・フェイス」、アフリカ内戦地帯で人々を救う活動をする医師とその愛を描いたドラマ。

2017-12-17 11:19:58 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

劇場未公開

R15+ 内戦の過酷さをリアル表現、グロテスク

社会派作家ショーン・ペンが、当時婚約中のシャーリーズ・セロンを主役に迎えて、撮ったドラマ。

国境なき医師団としてアフリカの紛争地域で懸命の医療活動を行う医師ミゲル(バビエル・バルデム)と、自らも医師として医療支援を行い父の意志を継いで支援組織を運営する女性レオン(シャーリーズ・セロン)。二人は恋仲となるが。

社会派ショーン、南アフリカの内戦状態を、少年兵の過酷な運命を描くなどして、鮮烈に描いている。

おかげで、全体の雰囲気は暗いのは免れない。

そこで男女の絡みを加えたのだが、両者はちょっとぎくしゃく。

おかげで、映画の焦点がぼけてしまった。

監督といい、配役といい、申し分ないが、カンヌでの酷評もあり、日本では、劇場スルーとなった。

なかなかシリアスな展開は、訴えるものが多いが、残念だ。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「否定と肯定」、アウシュビ... | トップ | 「サイバー・リベンジャー」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事