ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「無伴奏」、小池真理子の自伝的小説の映画化!ミステリーっぽい。

2016-10-12 09:53:39 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

文学的恋愛映画好き ☆☆☆★

R15+ セックスシーンが多い

小池真理子原作。

学園闘争時代の仙台。

原作者も、監督も、同世代。当時仙台に生きる。

題名の「無伴奏」は、当時流行していたバロック喫茶(古典音楽喫茶)の名前。

主人公たちは、そこで出会い、恋に落ちる。

最初は、学園闘争の映画だが、それはあくまで時代背景。

本題は、男女4人の性的関係。従って、セックスシーンは豊富。

男二人が住んでいるのは、茶室。

そのなんとも和風な感じ。

成瀬璃子主演だが、中途半端な脱ぎっぷりで興ざめ。

アバンチュールな映画なのだが。

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「だれかの木琴」、美容師の... | トップ | 「ヒットマン エージェント4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL