ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「Looper ルーパー」、未来の自分を殺すハメに陥るSF映画です。

2013-01-21 16:09:36 | アメリカ映画
おススメ度 ☆☆
     SF映画好き ☆☆☆

ちょっと複雑な映画です。

ブルースウィルスが出ているので、アクション映画であるはずなのが、派手なアクションシーンはあまりありません。

なにしろ、未来から送られてきた男を殺すのが仕事の男のもとに、未来の自分が送られてきます。だが、撃ち逃がしてしまいます。

送られてきた男を殺さねば、処刑されるのです。

一方、未来から送られてきた自分は、未来の悪人を殺しに来たのです。で、その悪人は、まだ少年だったのです。

こういうややこしい話が、ラストまで延々つづくので、興味のある人は、何が起こるのかとひやひやものですが、話についていけないといささかうんざりします。

ラストが又ひねったラストなので、いいという人には面白いかもしれません。

SFあり、アクションあり、愛ありと、ふんだんに楽しませてくれます。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「キリング・フィールド 失... | トップ | 「テッド」、ぬいぐるみのテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
LOOPER/ルーパー (本と映画、ときどき日常)
監督 ライアン・ジョンソン 出演 ブルース・ウィルス     ジョセフ・ゴートン=レヴィット     エミリー・ブランド タイムマシンで未来から送られてきた”マフィアからの標的”を現代で殺す”ルーパー”という殺し屋のお仕事。 毎日バンバンと標的を撃ち殺し...
映画「LOOPER/ルーパー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「LOOPER/ルーパー」観に行ってきました。タイムトラベルが可能になった近未来の世界を描く、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリス、および「インセプション」...
ルーパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...
映画:ルーパー LOOPER 未来を書き換えるのにも、方法論はいろいろある。なんたって未来なんだから(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
って、観た人には完全ネタバレ!? なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑) 主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O. そうしてタイ....
映画:「LOOPER/ルーパー」~劇場で (David the smart ass)
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...
LOOPER/ルーパー (銀幕大帝α)
LOOPER 2012年 アメリカ 118分 アクション/SF PG12 劇場公開(2013/01/12) 監督:ライアン・ジョンソン 製作総指揮:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 脚本:ライアン・ジョンソン 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット『ダークナイト ライジング』:ヤン....