ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「映画 聲の形」、先天性聴覚障害をめぐるディスコミュニケーションを描いた青春ドラマ!

2017-05-17 17:10:12 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

青春ドラマ好き ☆☆☆★

原作は、大今良時の漫画「聲の形」。ガキ大将石田のいる小学校へ、聴覚障碍者の西宮が転校してくる。

ノートに字を書いたり、手話で話したり、うまくコミュニケーションの取れない西宮に対し、いじめを繰り返す石田。

ついには、補聴器を取り上げ、ノートを川に沈める。

西宮は転校していく。

高校生になった石田、今度は逆にいじめが噂となり、級友たちから無視される存在に。

ディスコミュニケーションに悩む石田は、自殺を考える。

母代わりの姉に諭され、自殺は思いとどまり、西宮に謝る。

そして、小学生時代の級友たちと出会い、西田を慰めようとするが、かえって、ギャップを生む羽目に。

聴覚障害がいかにつらいものか、特に吃音は、いじめの対象となる。

せっかく発音しても、正しく伝わらず、ついに事件が起こる。

いじめ問題と青春、2時間余を通して丁寧に心の機微を描く。

音楽と風景が相まって、良質の劇画となった。

ただ、謝り続ける西宮の姿に、過剰謝罪の現代をみて、身につまされる。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「マザーズ・デイ」、母の日... | トップ | 「レッド・ダイヤモンド」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL