ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「王の運命(さだめ) 歴史を変えた八日間」、米櫃事件を題材に韓国の心を描いた傑作

2016-10-19 12:52:29 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆★

韓国歴史映画好き ☆☆☆☆

2016年のアカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品になるなど、韓国では高い評価を受けた作品。

ドラマ「イ・サン」の祖父と父の確執の物語だが、日本での公開は小規模。

歴史上の事件を描きながら、韓国の社会の成り立ちと、人間としての、親子、派閥争いなど、大きなテーマをえぐり出す。

米櫃事件(王が息子を反逆者として米櫃に閉じ込め餓死させた)の8日間を描き、回想シーンで、王と王子のなれそめを描く。

常に繰り広げられる権力闘争。

簡単にいかない、世襲制度。

父親の意思と息子の思いの行き違い。そして、権力者によるいじめ。

骨太な映画だが、わかりやすいストーリーテリング。

王を演じるのは、今や国民的名優ソンガンホ。

彼の髭と顔相で、時代を現す巧みな仕組み。

監督は「ソウォン 願い」のイ・ジュンイク。

息子・思悼(サド)を演じるユ・アインは、主演男優賞を得ている。

それにしても、王ですら、取り巻き達の顔色を窺い、派閥闘争に左右される悲しさ。

歴史は、罪深いものである。






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「高慢と偏見とゾンビ」、名... | トップ | 「ラ・マン VIP専用の女」、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL