ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「帰ってきたヒトラー」、この21世紀にヒトラーがいたら!

2016-07-25 18:00:55 | ドイツ映画

おすすめ度 ☆☆☆

ヒトラーの風刺映画好き ☆☆☆☆

1945年に亡くなったヒトラーがタイムスリップして、現代に現れたらという、SF映画。

似ているからと言って役者が演じているのだから、本物というべくもないが、

実際に街に出て、ヒトラーがインタビューするというリアル、ドキュメンタリー風なシーンもあって。

ドイツで作られた感が強い。

テレビマンが、偶然ヒトラーを撮影し、それをネタにひと仕事しようという、マスコミが絡んだ作りに現代が感じられるが、

1945年とよく似た現状を思うとき、他人ごとではなく日本でも、大衆愚は経験済みだけに、今後が心配だ。

それにしても、よく映画化できたものだ、ドイツでは評判は良いらしいが。

翻って、日本で、天皇とか東条とかが風刺されたらどうだろうか、かまびすしい展開になるだろう。いやもっとあからさまな行動に出るかな。

いまだに、ヒトラー映画が次々と公開され、人々の痛みがあぶり出される一方で、こういった風刺画が出るって事は、ドイツが大人な証拠。

ただ、テロが頻発する昨今、人々は英雄を求めかねない。

映画が、警鐘の一端になってくれればうれしいが。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ディバイナー 戦禍に光を... | トップ | 「信長協奏曲(ノブナガコン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (夏の雲)
2016-07-26 18:05:40
読者登録させていただきました。
ヒトラーが出てくる戦史以外のものはチャップリンの「独裁者」しか浮かびませんが、変わった試みの映画ですね。
それにしても凄いデータ量ですね!
私は古い洋画と戦争映画が好きなので、寄らせていただきました。
ありがとうございます (ひろ)
2016-07-26 18:53:57
まあ、毎日映画を見ているものですから

自然と本数が増えてしまって

雑文ですが、よろしくお願いします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント (西京極 紫の館)
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、...
帰ってきたヒトラー (銀幕大帝α)
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚......
「帰ってきたヒトラー」 (或る日の出来事)
あなた、どこのヒトラー?