ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「コロニア」、チリ、軍事政権下に存在した「コロニア・ディグニダ」。でも、この映画ラブサスペンスです。

2017-02-09 11:01:08 | ヨーロッパ映画

おすすめ度 ☆☆☆

実話もの好き ☆☆☆★

ドイツ・ルクセンブルグ・フランス合作

南米、チリ、軍事政権下に存在し、多くの反抗勢力が殺された「コロニア・ディグニダ」が舞台となったラブストーリー。

この施設は、ナチの残影が、管理し、カルト集団的な施設。

その施設長パウル・シェーファー(ミカエル・ニクビストが好演)が教祖的に支配。

チリにやってきたドイツ人キャビンアテンダントのレナ(ハリーポッターで好演のエマワトソン)。チリで活動する恋人ダニエル(ダニエル・ブリュール)とひと時を過ごす。

だが、軍と反抗勢力との暴動に巻き込まれ、ダニエルは、捉えられ拷問に遭う。

ダニエルがコロニアにいることを突き止めたレナは、単身施設に入所する。

施設は、独特のルールがあり、その苦しみの元、ダニエルとの再会を期すレナ。

無事再会した二人は、施設の地下に拷問施設を発見する。

それから必死の脱出行。ドイツ大使館に駆け込むも!

実話をベースにフィクションを加え、ラブストーリーでありながら、サスペンスフルな展開で、ナチスの闇を描いている。




 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ドクター・ストレンジ」、... | トップ | 「ファイトクラブ・レディズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヨーロッパ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「コロニア」 (ここなつ映画レビュー)
1970年、チリは東西冷戦の「戦場」となった国の一つであった。内政は帝国主義からの独立を果たし、アジェンデ大統領を抱いた社会主義国家に向かっているように見えた。しかしアメ......