ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「愛を歌う花」、1943年日本統治下の朝鮮、二人の歌姫がいた>

2017-05-12 15:47:07 | 韓国映画

おすすめ度 ☆☆☆

日本統治下の朝鮮。

妓生学校に、二人の美人歌手がいた。ソユルとヨニ、2人は大の仲良し。

才能に恵まれた二人は、頭角を現していった。

そこに現れた天才作曲家ユヌ。

自然、二人と作曲家の確執が始まる。

だが、ユヌは、ヨニを愛し、ヨニのため作曲し、おかげでヨニは出世する。

一方、ヨニを嫉妬したソユルは、妓生の立場を利用し、日本軍将校に取り入る。

そのため、ヨニは死に、ユヌは後を追う。

女の執拗な嫉妬話を見せられあぜん。

日本占領下の朝鮮の様子が垣間見れる。

妓生は、日本の芸者みたいなもので、歌や踊りを宴席で見せる。

ただ、日本軍人を韓国人が演じるので、ちょっと興ざめ。

ハン・ヒョジュとチョン・ウヒの競演が見もの。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「カフェ・ソサエティ」、1... | トップ | 「NERVE ナーヴ 世界で一番... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL