ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏 」

2016-09-19 16:26:59 | イギリス映画

おすすめ度 ☆☆★

2013年、ボリショイバレエ団の元スターダンサーにして芸術監督のセルゲイ・フィーリンが硫酸を顔面にかけられるという悲惨な事件が起きた。

この事件後のボリショイバレエ団の舞台裏に潜入し、ボリショイバレエ団の今をドキュメントした作品。

当然、事故関係者などに取材、裁判の様子も。

もともと、ボリショイバレエ団は、ソ連の最高芸術であり、政治の介入もあった。

バレエ団の中に対立するグループの存在も明らかに。

そして新総裁のもと、フィーリンが芸術監督に復帰。

しかし、彼らの確執は消えることはない。

美しいバレエの裏側のどろどろ。

一応、美しいバレエシーンや、練習風景など、バレーシーンもふんだん。

ただ、事件の影が強くて、バレー好きにも嫌われるかも。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州旅行 帰郷 | トップ | 「あるふたりの情事、28の部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イギリス映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL