ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「スプリット」、多重人格者に拉致された女子高校生3人!

2017-05-19 18:53:58 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞)

多重人格者の話って、あんまり好きじゃなくて、私的には ☆☆

多重人格者に、3人の女子高生が拉致監禁されます。

この多重人格(ここでは23人とも24人とも)者を演じるのがジェームズ・マカボイ。なかなかの怪演です。

一方、監禁された3人の女子高生のうち主人公は幼少期のトラウマを抱えています。

多重人格者も、幼少期のトラウマが原因です。

冒頭のサスペンスフルな拉致監禁に続いては、主人公の過去や、監禁者の過去、それに多重人格者の主治医との会話など、だんだん、様子がわかってきます。

そしてラスト、24番目の人格者の登場となるのですが、ここからはオカルトチックで、いわゆるビースト(野獣)の本性が現れます。

ラストはあっけなく、「アンブレイカブル」の主人公が現れて、続編の予告です。

主人公のケイシーを演じる女優がアニヤ・テイラー=ジョイで、ちょっと不思議な印象の女性です。

まあ、風変わりな拉致監禁事件の映画をお好みのかたには、よろしいのでは。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ボクの妻と結婚してくださ... | トップ | 「ブレア・ウィッチ」、恐怖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スプリット  監督/M・ナイト・シャマラン (西京極 紫の館)
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ  アニャ・テイラー=ジョイ  ベティ・バックリー 【ストーリー】 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。......
スプリット (だらだら無気力ブログ!)
コレ、シリーズ物だったのか。