ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」、壮大な宇宙伝説ですが、どこかコミック!

2017-05-15 18:58:31 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆★ (劇場鑑賞)

「アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)に続く第2作です。

前作を鑑賞しておかないとちょっと置いて行かれます。

というのも、前作の解説がなく、登場人物も多いので、混乱します。

冒頭、70年代の軽めの音楽にのせて、木片のロボットがダンスを踊ります。そのテンポにまずぎゃふん。

なにしろ登場人物がユニーク、凶暴なアライグマ、マッチョな破壊王、そして、木片グルート。

このグルートが大活躍。

宇宙での大戦争だが、宇宙戦艦的なノリでなく、個人戦であったり、ボタンを押して終わりだったり。

そして家族愛が基本テーマで、泣きの要素があふれています。

でも、後半の戦闘シーンの迫力は、これでもかの連続で堪能。

わかりやすい設定がなにより、

顔の色を変えたり、人が特定できるのがみそ。

そして音楽。

戦闘映画なのに、音楽のノリで見せるおかしさ。

さらには、血筋の父か、育ての親かのひねりが効いています。

スペースオペラにくすぐりが効いて、大団円です。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エミアビのはじまりとはじ... | トップ | 「溺れるナイフ」、モデル経... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 監督/ジェームズ・ガン (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・プラット  ゾーイ・サルダナ  デイヴ・バウティスタ  カート・ラッセル 【声の出演】  ブラッドリー・クーパー(ロケット)  ヴィン・ディーゼル  (ベ......
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 (或る日の出来事)
「なにがあっても、このボタン、押すんじゃないぞ。さあ、復唱してみるんだ」