ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「レヴェナント 蘇えりし者」、ディカプリオ渾身のサバイバル!

2016-05-02 17:32:15 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆☆

サバイバル映画好き、ディカプリオ好き ☆☆☆☆☆

R+15 かなりグロテスクでショッキングな映像があり、苦手な人はご注意を。

1823年アメリカ北西部。

実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作とし、大自然の中、死から蘇り、息子の復讐のため、一人で凍てついた荒野をサバイバルした男の物語。

ディカプリオが、この大自然の中のサバイバル劇を、役者根性で演じきった稀有の作品だ。

狩猟チームが、毛皮を収穫し、その帰り道、インディアン(先住民)に襲われ、逡巡する中、案内人のグラス(ディカプリオ)は、グリズリ(大きな熊)に襲われ瀕死の重傷を負う。(この画面も圧巻)

隊長は、フィッツジェラルド(ハーディー)に託して先行する。フィッツジェラルドはグラスを殺そうとし、グラスの息子に銃を向けられ、逆に殺してしまう。そして、同行者と逃げ出す。

残されたグラス。手負いの身ながら、持ち前の底力で、キャンプへ帰りつく。

だが、その途中は、七難八苦。マイナス20度の極寒。食べ物を求め、暖を求め、それこそ動物並みのサバイバルだ。

映画を見ていて痛い思いをしたことはないが、この映画はまさに痛い。そう思わせる演技と演出。

最後は、神に託すという選択をするが、それはサバイバルで得た教訓なのだ。

157分の大作だが、この痛さに最後までつき合わされた。

音楽と映像が美しい。




『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「グランドフィナーレ」、老... | トップ | 「アイヒマン・ショー 歴史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レヴェナント:蘇えりし者 (本と映画、ときどき日常)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ     トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 狩猟の旅をする一団。 ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。 息子と見届け人を置かれ、死を待つのみ。 しかし…。 いや~、重かった...
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
「レヴェナント:蘇りし者」 映画圧を感じる (はらやんの映画徒然草)
今年のアカデミー賞を総なめにした「レヴェナント:蘇りし者」を観てきました。 アレ
映画:レヴェナント: 蘇えりし者 The Revenant イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。 サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」 オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き!....
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
レヴェナント:蘇えりし者 (銀幕大帝α)
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がも......
レヴェナント:蘇えりし者 (いやいやえん)
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 ......