ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「四月は君の嘘」、母が死んでピアノが弾けなくなった公正の前に現れた天真爛漫バイオリニスト!

2017-04-06 18:22:13 | 日本映画

おすすめ度 ☆☆☆

原作は、新川直司の人気漫画。「月刊少年マガジン」連載、講談社漫画賞受賞。テレビでアニメ化。

母の死のトラウマでピアノが弾けなくなった、天才ピアニスト有馬公正。

友達が心配して、ヴァイオリニスト宮園かをりを紹介。

かをりのコンクールの伴奏を務める。

公正は、天真爛漫なかをりのおかげで、徐々に母との思い出から、立ち上がっていく。

そして、見事に復帰するまでの成功物語だが

一方で、題名にある謎が解き明かされ、悲劇がもたらされる。

コンクールシーンや練習風景など、結構演奏シーンが多い。

音楽に興味がないと、ちょっと。

しかしこの映画の一番の肝は、広瀬すずだ。

見事に、落ち込み男を再生させる。

おかげで、ラストは感動ものだ。

桜の季節にふさわしいラブロマンスだ。

 



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「朝鮮魔術師」、天才魔術師... | トップ | 「インビテーション」、27... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

四月は君の嘘 (銀幕大帝α)
2016年 日本 122分 青春/音楽/ロマンス 劇場公開(2016/09/10) 監督: 新城毅彦 『パラダイス・キス』 主題歌: いきものがかり『ラストシーン』 挿入歌: wacci『君なんだよ......
「四月は君の嘘」 (或る日の出来事)
入院シーンを見て、すぐに、いやな予感がしたんだ。