ひろの映画見たまま

映画にワクワク

映画「猿の惑星 創生期」、知恵ざるの誕生と人間との戦い。

2011-10-11 19:06:19 | アメリカ映画
アルツハイマー病の新薬開発に猿を使っていた。

その猿が知恵を付け、突然暴れだし、警備員に射殺されてしまう。

だが、彼女は妊娠しており、赤ん坊は生まれた。

その赤ん坊は、母の血を引き知恵を持つ。

アルツハイマーの父がいる研究所員が、家で飼っていた。

その父が隣人とトラブったとき、猿は相手に襲いかかった。

そこで捉えられ、猿の飼育所に送られる。

最初はいじめも受けるが、徐々に仲間を増やし、仲間に薬を与え、脱獄を企てる。

猿たちは、警備員たちにいじめられていたがその報復をし、

集団で脱走、動物園の猿も引き連れ、川向こうの森へ逃げ込む。

猿の成長と共に感情移入し、逆に猿をいたぶる人間より猿を応援している自分にとまどう。

ラストは、人間と猿の攻防だが、

猿を逃がしてやりたい一心で猿を応援してしまう。

まあ、知恵の付いた猿は、人間を超えるという話は面白い。

でも所詮、武器を持たない猿と人間の争い。アクションとしては弱い。

最後に猿が「NO」と人間の言葉を話すのが皮肉。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相米慎二の「お引越し」、NHK... | トップ | 映画「ツレがうつになりまし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
猿の惑星 創生記 (大正の黄門)
2011-10-11 19:46:57
リメイク、ばんでは無いのですネ話が現実に近い来週に見に行きます。
猿の惑星 創生記 (大正の黄門)
2011-10-16 18:07:41
面白い、シーザーがナイナイの岡村君に良く似ている、彼本当は猿の惑星人間?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
猿の惑星 ~創世記ジェネシス~ (本と映画、ときどき日常)
監督 ルパート・ワイアット 出演 ジェームス・フランコ     アンディ・サーキス     フリーダ・ピントー あの衝撃から40数年。 俺が観たのは30年ほど前だけど、あのラストにはホント衝撃受けました。 何故、地球は猿の惑星と化したのか! あの感動を....
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
[映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏のない、知能が芽生えた類人猿・シーザーの、ロッドマン博士宅...
映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (食はすべての源なり。)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て (kintyre's Diary 新館)
11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ルパート・ワイアット...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...