ひろの映画見たまま

映画にワクワク

「スウィート17モンスター」、17歳こじらせ女の悲喜こもごも!

2017-10-15 17:04:13 | アメリカ映画

おすすめ度 ☆☆★

青春映画好き ☆☆☆

PG12 

第74回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ヘイリー・スタインフェルド)にノミネートされたた青春映画。

監督は本作で第82回ニューヨーク映画批評家協会賞初監督作品賞を受賞した新人のケリー・フレモン・クレイグ。

なにしろ、こじらせ率100%のちょっとかわいくブスな少女の成長物語。

愛していた父の死と、愛している兄と親友の恋愛に、ショックを受けて、疎外感満杯に。

韓国系青年との交流や、教師と交流を重ねて成長していくが、

片思いの男性に「セックスして」のようなメールを送り、こじれた関係に

ますます、落ち込む彼女だったが、周りの温かさに気づきはじめ、自らがこじらせなる自覚が芽生えラッキーなエンドに。

この映画の良さは、ヘイリースタンフォードの天真爛漫な魅力を十分に引き出したこと。

題材が、どこにでもありそうな、身近さを感じさせること。

自ら、こじらせ時期を経験済の女性には共感を呼ぶだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「エンドレスマーダー」、殺し屋と殺しの依頼人の不思議な関係!

2017-10-15 11:04:20 | オーストラリア映画

おすすめ度 ☆☆

心理サスペンス好き ☆☆☆

劇場未公開

パケージから察するに、サディスティックアクションだが、実は、練られた心理サスペンスだ。

アメリカではサンダンス映画祭に次ぐ規模を誇るオースティン映画祭で観客賞を受賞したのをはじめ、ダンス・ウィズ・フィルムズ映画祭では審査員賞を受賞、メルボルン・アンダーグラウンド映画祭では、最優秀助演男優賞、最優秀撮影賞、審査員特別賞を受賞! 巧妙に練り上げられたプロットと先の読めないストーリー展開で、世界中を魅了し高い評価を受けた至極の一作! 

だが、アクション映画好きには、肩透かしの感じ。

まあこの手の映画は、日本では少数派。

何しろ名うての殺し屋と、自ら殺しを依頼する自殺願望者のコンビ。

いくら殺しても死なない依頼者と自殺願望者、そのうち親しくなって、「運命」論を披露する有様。

それぞれが恋人を失った喪失感。

ところが、その殺しに意外な関係が。

自死を考える映画でもある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加