Mレポート

仕事関係の話、趣味の写真・映画の紹介、愛犬についての情報提供。オーラソーマ、ダイエットにもチャレンジ!

放送大学、心理学実験

2015-11-01 06:03:33 | CDA、心理学等

昨日から放送大学の心理学の面接授業を受けています。

土日の終日、二日間、スクーリングして授業を受ける、いわゆる

集中講座ですね。心理学実験講座はⅠ、Ⅱ、Ⅲとあります、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは

講座の進捗ではなく、どの順番で受けても大丈夫です、すでにⅠとⅢは受けて

今回はⅡです。どの講座も心理学実験ですから、最初から実験でデータをとります。

昨日の実験は、年輩者には辛い記憶実験。

テーマは自由再生による記憶の系列位置効果の実験です。

プロジェクターに映る3文字のひらがなの綴りで、その単語が

9個、一つの単語が3秒間提示されて、次の単語へと切り変わる。

順番に9個提示が終わると、そこで記憶をたよりに解答用紙に

覚えている単語を書く。

この3文字が親密度の高いものが9個の9セット。

極端に親密度の低いもの9個の9セット。

という風の分かれて、それぞれ実験するわけですから。つまり 81個×2の

単語を記憶しているかどうかの実験です。

具体的には、次々と次のような単語が3秒間表示、そして順次変わっていきます。

「つくえ」 「れきし」 「くらす」 「ほんき」 「さゆう」 「めろん」 「ねむり」 「かいわ」 「うしろ」

全てが終わってから覚えてい単語を紙に記録する。

親密度が極端に低いものは

「こさい」 「くりん」 「すいよ」 「えしん」 「きるく」 「さけん」 「おかわ」 「せんそ」 「かはい」

これを終わってから書くんですよ。ちょっと覚えきれないでしょう。

それぞれ9セット 9×9 + 9×9 の182個をやりました。

これを、データでいろいろ処理するわけです。

記憶力の実験ですが、単純ではなく、その単語の親密度の違い、

その記憶の部分が前半、真ん中、後半で違いがでるのかとか、そんなことを通じて

人間の記憶力に迫るという実験なんですけど、

それはそれとして、自分の記憶力が落ちていることを思い知らされましたね。

ちょっとショックでしたね。

最近物忘れが多いのも、記憶力が落ちている証拠ですね、データでうなづけます。

ちょっと訓練して頑張らないとダメ!!!

今日もまた、実験が2つ予定されているので、とりあえず頑張ります。

テーマは

〇運動技能学習によるフィードバック効果

〇集団の認知(錯誤相関)

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐藤 優氏について | トップ | ここのお肉好きです。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かもめ)
2015-11-01 17:44:33
面接授業での実験結果レポートは、データは持ち帰りで、基本的には後日メールなどで送信すると考えていいでしょうか?
ご返事 (M)
2015-11-04 17:15:36
データは持ち帰りです。実験結果のレポートは
4週後に学校に紙ベースで、提出です。メールはNGです。

コメントを投稿

CDA、心理学等」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事