Mレポート

仕事関係の話、趣味の写真・映画の紹介、愛犬についての情報提供。オーラソーマ、ダイエットにもチャレンジ!

短期の楽観、長期の悲観

2017-05-29 08:29:50 | 本・映画・テレビなど

「短期の楽観、長期の悲観」ということばがあるようです。

「この状況は、欧米人のビジネスや軍事の戦略論、政治家の重視する

国家哲学でよく言われ、『短期の楽観、長期の悲観』という、何があっても

避けるべき『死に体』のパターンに符号している。

 欧米の戦略論や行動哲学においては、この『短期の楽観、長期の悲観』

こそが、滅びの構図、必敗の精神構造であるとされている。

 だから、『短期の楽観、長期の悲観』に陥ったならば、局面全体を

決定的に変えねばそのゲーム(試合・戦い・国家の運命)には未来はない、

というのがリーダーの哲学を知る者の常識である。」 (国民の文明史)

日本がそういう状況に陥っている恐れを指摘している。

戦いでも長期的、最終的な状況を楽観的に考えられないとそれは

うまくいかない、短期的な状況で判断をするのは大きく間違う。

組織のブランディングをするのも長期的に夢(楽観)得るそのためだ。

日本は本当にどうだろうか、長期的にそこまで悲観的では

ないが、そこまで楽観的には考えられないというのが素直な感想のように思う。

 

 組織の中でも長期的に楽観的に考えられない状況があるのはよくあること

そうなれば、局面の打開が必要になってきます。これがまた難しいのですが、

しかし、何らかの対応が必要なんですね。

 

国民の文明史 (PHP文庫)

クリエーター情報なし
PHP研究所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家とか何だろう?

2017-05-28 08:13:04 | 日常生活等トピックス

トランプ大統領がG7に出席、他国の代表を押しのけたり、自説を強弁したり

している。一方国内ではロシアンゲート疑惑が更に大きくなって、クシュナー氏が

捜査対象になっているようで、独立した権限を持った捜査が進んでいる。

弾劾の勢いが増している、弾劾までにはまだまだハードルは高いが、

現実味を帯びだしているのも事実。

一方、北朝鮮は独裁国家、金正恩氏がいつ何時どんな行動を起こすか、まったく予測不能の

状況です。国民が何故金正恩氏を支持しているのか、理解するのは難しいですね。

日本はどうなんでしょう。

自由に発言はできるけど、森友、加計学園問題など、次々とスキャンダルが生まれるが

官房長官や自民党は一切事実解明をしないこの姿勢。

私の意見を知りたければ、読売新聞を読めとか安倍首相が言う、

その読売新聞が「総理の意向」と書かれている文書の存在を認めた前次官の私生活を暴露して攻撃。

これが民主国家のやり方でしょうか?

北朝鮮と同じことを、「忖度」「法律的な建前」「違法でないやり方」で

権力の行使をする。

北朝鮮と同じように独裁者がいるのと同じようなものではないでしょうか?

本当に法律に基づいてしっかりと三権分立で国家が機能しているのは

アメリカではないかと思ってしまいます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに霞が関ビルへ 

2017-05-26 07:02:52 | 日常生活等トピックス

久しぶりに霞が関ビルに行きました。

このビルは20年前に関係するオフィスがあり、時々通ったことが

あります。

千代田線の霞ヶ関駅からこのビルに行くのに、ちょっと最初は

道順がわからず、戸惑いましたが、地図をみて歩き始めたら途中から

体が思い出したようです。知らず知らずに地図で表示されていない近道を

歩いていました。

会議終了後、ちょっと時間があったので、ぶらついていたら、ビルをコントロール

するオフィスがオープンスタイルなんですね、ちょっと新鮮な印象を受けました。

前からあったかもしれませんが、ちょっと印象に残りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30周年記念パーティに参加

2017-05-25 11:53:20 | 日常生活等トピックス

先週末から三重の実家、

火曜日に帰ってきました。

水曜日は昼は仕事、夜は在籍していた会社の設立30周年記念

パーティに参加してきました。

関東地区100名以上の社員が参加、歴代社長が招待され

昔の仕事仲間と久しぶりに懇親を深めてきました。

30年の歩みのスライドでの紹介もあり、抽選会あり、歴代社長のあいさつ等

手厚くおもてなしを受け、感謝!感謝!の時間を過ごしてきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サラリーマン川柳 ベスト10発表

2017-05-23 04:48:40 | 

サラリーマン川柳 ベスト10が発表されました。

いつも楽しみにしているのですが、今年のベスト10だそうです。

第一位

「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」

第二位

「久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は」

第三位

「ありのまま スッピンみせたら 君の名は?」

第四位

「同窓会 みんなニコニコ 名前出ず」

第五位

「『パパお風呂』 入れじゃなくて 掃除しろ」

第六位

「君の名は ゆとり世代の 名が読めず」

第七位

「病院で サミットしている 爺7」

第八位

「ばあちゃんが オシャレにキメる 通院日」

第九位

「オレのボス ヤフーでググれと 無理を言う」

第十位

「職場でも 家でもおれは ペコ太郎」

サラリーマン川柳 ベスト10

どうですかね、

「君の名は」が重なりますね。時代の流行ですね。

それと何かサラリーマンも高齢化してきたような

印象を受けますね。

強いサラリーマン川柳があまりないのがちょっと残念かな。

俳句ですから、少し謙虚にということなんでしょうか?

 

NHKが面白く川柳まとめています。

サラリーマン川柳 30年史

コメント
この記事をはてなブックマークに追加