masumiノート

何を書こうかな?
何でも書こう!

コスモ石油のお店なら“心も満タンに”(?)

2017年05月16日 | ひとり言

昨日、一見のお客さんから「ここは窓を拭いてもらえますか?」と訊かれて「拭けない時もある」と答えた時、
「どうしてですか?」というストレートな質問に心地良さを感じたのは何故だろう?と考えた。

そうだ!
以前はそんなふうに訊いてもらえることすら無かったからだ。

窓拭きゴミ捨て「してくれないのか!?」=「ならもう来てやらんからな!!」だったからだ(笑)




https://ceh.cosmo-oil.co.jp/tvcm/#mantan
このなかの、<テレビCM> 顧客感動満足篇

ENEOSはこんな感じ
【ENEOS CM】


***

※当市のコスモ石油は2軒。

一軒は20年以上前に他市から新規出店してきた個人経営の店でしたが、運営者が販社になって、セルフに改装。
セルフに改装後しばらくは窓拭きをされていたけど、最近はどうなんだろう?

もう1軒は昔からあった(当店との競合はない地域)サービスに定評のあるフルサービスのお店(2者直営)だったけど、こちらも数年前にセルフに改装。(2者から販社に代わっている)


だから当店と同じような地場3者店の“コスモ石油のガソリンスタンド”の現在の様子は分かりません。
でも、多分同じようなものだと思います。

地場の小規模店ではENEOSの
Dr.Drive(ドクタードライブ)店になれないように、
地場の小規模店ではコスモのスマートビーグル店になれないのではないだろうか?


(微笑)
でもさ、振り返ってみたら当商圏は、当店のような3者店より優位な仕切りの2者店でも、ざっと思い浮かぶだけでも6軒が廃業・撤退(運営者交代)している。
セルフ比率もとっくの昔に5割を超えている(全国的にはまだ3割強)。

そんななかでガソリンはもちろん、灯油も軽油も、全量系列玉仕入れ(※)を貫きながら営業を続けてきたし、続けている。

これって凄いことだと思う。


(※)調整して貰える2者大手が全量系列仕入れなのは当たり前だし、業転を取ることで系列玉の安値・値引きを獲得した3者店もあるだろうし、安売り店がまだないような(好市況な)地域なら業転を取る必要はない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 路外給油サービス実験を開始... | トップ | 独自PB化に活路 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。