masumiノート

何を書こうかな?
何でも書こう!

「非定型歯痛」と検索して来られた方へ

2011年04月25日 | お知らせ・お願い

急がば回れです。
多少遠くても、専門医を訪れてください。

私の場合はタマタマ「非定型歯痛」について知っておられた歯科医に巡り合えただけです。
「町の開業医では(非定型歯痛)の診断は無理」と、その先生はおっしゃっていました。

そして、神経内科医へ「精神安定剤が効く」と進言して下さっただけで、その歯科で治療を受けているわけではありません。

口腔顔面痛を治す――どうしても治らない「歯・口・顔・あごの痛みや違和感」がわかる本 (健康ライブラリー)
クリエーター情報なし
講談社

その後ネットでこの本を取り寄せました。

「三環系抗うつ薬のトリプタノールが奏功する」とありましたので、2回目の神経内科受診時に処方して頂きました。

※三環系抗うつ薬のトリプタノールは「抗うつ薬」に分類されますが、同時に「慢性の痛みを抑える薬」で、
非定型歯痛の場合は「うつ」ではなく、「慢性疼痛」のためにこの薬が処方されるのだそうです。


トリプタノールを服用し出して20日程経った頃一旦痛みが無くなり、
それまでどの歯が痛いのかハッキリしなかった歯痛も、「この歯」とハッキリ自覚出来るようになったと同時に、痛みの種類が変わりました。

※脳が勝手に作り出している(本当に痛いけど^^;)ニセモノの痛みと、本物の歯の痛みと、どっちか分からない痛みの3種類です(汗)

専門医で診て頂くのがベストだと分かっていても時間的に困難な私は、
C歯科医院と、(薬を処方して頂く為に)□□病院の神経内科とを受診していますが、
やはり専門の病院で診て頂いた方が心強いと思います。

以下に参考にさせて頂いたサイトをいくつか・・・


Orofacial Pain
http://orofacialpain.info/

「オロフェイシャルペイン.info」は原因不明の口腔顔面部の痛みに苦しむ患者さんと、口腔顔面痛の診断と治療を行う歯科医師(または医師)のための情報サイトです。 口腔顔面痛とは、英語のOrofacial Painの邦訳で、文字通り口腔と顔面部に発現する痛みのことをいいます。 (Orofacialは、oral(口)とfacial(顔)を組み合わせた造語です。)
  また、口腔顔面痛学そのものもOrofacial Painと呼ばれています。 口腔顔面痛学は、米国口腔顔面痛学会(AAOP:American Academy of Orofacial Pain)を中心に、1990年代後半から急速に世界の歯科医学界に普及しつつある歯科の新分野です。 本邦ではまだ情報が入手しにくいため、医師・患者に役立つと思われる情報を掲載いたします。 
 


日本口腔顔面痛学会
http://jorofacialpain.sakura.ne.jp/

日本口腔顔面痛学会(Japanese Society of Orofacial Pain)は、口腔顔面痛に関する臨床医学と基礎研究の発展のために組織された学会です。痛み、特に慢性痛は患者の主観的な問題ととらわれがちですが、この会では、痛みのメカニズムを明らかにし、治療に結び付けるための研究、意見交換に取り組んでいます。口腔顔面痛を科学的に検討するためにこれまでに集まった参加者の専門分野は、臨床歯科医学各分野はもちろん、心療内科や臨床心理、基礎医歯学分野まで多岐にわたります。基本的な活動内容は、学術集会と情報交換のためのメーリングリストです。2000年に設立されてから口腔顔面痛懇談会として活動してきましたが、2006年4月1日から口腔顔面痛学会と発展してさらに活発な活動を展開しています。


歯痛110番
http://haita.ha-channel.net/genninn-humei.html

踊る歯科心身症ネット
http://atoyofpsd.net/sikasinsin/tooth/tooth_1.html

口腔外科.com
http://www.kokugeka.com/dir/085.html

心療歯科のHP
http://www.sakamoto.or.jp/shinryoshika.htm



・・・・・
抗うつ薬を処方されると「歯が痛いのに心の病にされた」と憤る患者さんもいるようですが、
私は、ストレスが原因(の一つ)というのを目にしたとき、

(6年間に渡って溜まってしもたんやなぁ・・・)と

ものすご~~~く、納得しました!!
、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(苦笑)


平成27年7月30日追記
関連記事を書きました。
精神安定剤

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 非定型歯痛(その5) | トップ | 次の記事へ »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早く治りますように・・・ (chaico)
2011-04-25 21:11:17
我慢強くて、負けん気の強い(笑)masumiさんへの、
身体からのサイン(にしては、痛過ぎですが(T^T))ではないかと感じていました。
しかし、日々の中では逃れられない責務もあるし・・・。
「歯をくいしばって」頑張り過ぎないよう、お願いしますm(_ _)m
土曜の夜だけでも、一緒に過ごせたらいいなぁ
・・・いや、私の願いです
ええっ?! (masumi)
2011-04-26 12:52:15
>土曜の夜だけでも、一緒に過ごせたらいいなぁ
>・・・いや、私の願いです

chaicoさん、ごめんよ。
土曜の夜に一緒に過ごしたいのは、キミではなくこうちゃんなんだ。。。

な~んてネ(笑)

ホントにね、
いつになることやら(溜息)

デモ、ありがと
初めまして (soyokaze)
2012-11-02 15:19:34
はじめまして、そよかぜと申します。

非定型歯痛、ニューロパフィシックペインの診断を6月に
大学病院でされました、

痛みは辛いですね。

宜しくお願いします
そよかぜさんへ (masumi)
2012-11-02 17:22:37
はじめまして、
幸い私はあの言いようのない痛みから脱出できましたが、
身内にも理解してもらえない辛さ・・・
心中お察し致します。

ブログを拝見させて頂きました。
おばさん(失礼)になってから大検を受けて大学生になられたのですね☆
尊敬します。

こちらこそ宜しくお願いします。

Unknown (masumi)
2012-11-10 11:40:26
このブログの現在一番の目的は(昔ながらの)ガソリンスタンドが置かれている現状を知ってもらうことです。
ガソリンスタンドカテゴリーの記事を全て読んで頂きたいのですが、あまり一般の方が興味を引く話題でもありませんので、規制緩和以降のガソリンスタンドが置かれた現状を予備ブログ「masumi_iのブログ」にアップしました。
是非ご一読下さい。
http://blog.livedoor.jp/masumi_i/archives/19667922.html
Unknown (みゆ)
2012-11-11 20:14:56
5年前から原因不明の
歯痛と頬(内側と外側)の
疼痛で悩んでいます

5件の歯医者を回り
虫歯治療・抜歯をしても
変化なしなあげく
異常なしと言われ

その他に
耳鼻科・整形外科・脳神経外科など回るも異常なし

今は大学病名の口腔外科と脳神経外科に通ってますが
口腔外科では異常なし
脳神経外科では
調べ中ですが
異常なさそうです

年々顔面などに
痛みが広がっていて
泣く程の時もあります

非定型歯痛とゆう病名を知り調べたところ状態が一致しているのですが…

その本は非定型歯痛について載っているのですか?

今は脳神経で
眠れないからと貰ってる
エチカームという安定剤が
効いていますが

非定型歯痛なら
チャントした薬を貰い
治療したいので

その本に
凄く興味があります

是非回答
よろしくお願いします
みゆさんへ (masumi)
2012-11-11 23:08:35
こんばんは。
お辛いでしょうね。

本には非定型歯痛のことも専門の大学病院等も記載されています。
私にとっては、この本を読むだけでも随分精神的に救われましたよ。

痛みを意識せず過ごせる時間はありますか?
兎に角、本を一読してみてください。

みゆさんが痛みから解放されますように。
非定型歯痛 (えりっち)
2016-09-08 21:35:57
はじめまして。41才の子供二人の主婦です。
同じく非定型歯痛と大学病院で診断されました。
今は大学病院のペインクリックと心身医療科に通いはじめました。
私は根幹治療が長引き抜歯したものの、隣の歯が激痛で根幹治療中です。
これからどうしたらいいのか途方にくれる日々です。
非定型歯痛を理解のある歯科で治療をして貰いたいです。非定型歯痛というだけで怖がって痛みがない歯の虫歯治療も進まない現状です。

よろしくお願いします。
えりっちさん (masumi)
2016-09-09 11:19:00
はじめまして。
きちんと診断された上でペインクリックと心身医療科に通われているのですね
先ずは「良かった」。デス。

>途方にくれる

心細いお気持ちはよく分かります。
私も、このまま治らなかったらどうしようと不安でした。


歯科医も非定型歯痛の患者とは別の人間なので、全てを理解してもらうのは難しいと思います。

私の場合は非定型歯痛の痛みがあるうちは歯科治療はストップしました。

この記事には
>トリプタノールを服用し出して20日程経った頃一旦痛みが無くなり、

と書いてありますが、「精神安定剤」に書いたように本当は精神安定剤(抗不安薬)の服用が効きました。

そして
>それまでどの歯が痛いのかハッキリしなかった歯痛も、「この歯」とハッキリ自覚出来るようになったと同時に、痛みの種類が変わりました。

※脳が勝手に作り出しているニセモノの痛みと、本物の歯の痛みと、どっちか分からない痛みの3種類です(汗)

となったのです。



歯の治療を再開したのはそれからです。

歯科医には「大丈夫ですか?」と聞かれましたので、「大丈夫です」。と“自信を持って”歯の治療をお願いしました。


歯科医も(不安を抱えているままの患者さんの治療をするのは)不安なのだと思います。


ところで、
非定型歯痛の原因も人それぞれだと思いますが、えりっちさんはご自身の原因に何か心当たりはありますか?


私の場合は、
痛みが治まったのは精神安定剤(抗不安薬)を服用したこともそうですが、
もうひとつ、大きな要因は、痛みと不安と情けなさで泣きながら「お願いだから店を畳んで」と頼んだ私に、主人が「わかった」と言ってくれたことです。
(結果的に、それは「嘘」だったわけですが・・)


その後、
地下タンク工事のこと、消費者(接客)のこと、ほんとうに怒鳴り合いの口論をしながら・・・、の“今”です。



ごめんなさい。
えりっちさんの参考にはならないかも知れませんね・・・

私もこの歳になってもまだ悩みや迷いから解放されずにいます。



えりっちさんが一日でも早く「痛み」から解放されますように。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
自分でできる6分間心身症改善術 (心身症改善術)
たくさんの本を読んでも、病院の薬を飲んでも治らないのに わずかな期間で疲労感・倦怠感を改善させて、さらに偏頭痛や不整脈までも改善させてしまった方法を知りたくありませんか?
自分でできる6分間心身症改善術 (心身症改善術)
たくさんの本を読んでも、病院の薬を飲んでも治らないのに わずかな期間で疲労感・倦怠感を改善させて、さらに偏頭痛や不整脈までも改善させてしまった方法を知りたくありませんか?