masumiノート

何を書こうかな?
何でも書こう!

全国の地場店の声を共有するため。

2017年03月07日 | ガソリンスタンド2

3月1日ぜんせきより(※青系文字がmasumi)


石油精製・流通研究会 元売・SS共存共栄が不可欠
エネルギー高度化法3次告示の方向性提示
法律で業転格差解消との提言も

「業転格差の問題について、元売とSS業界の話し合いで解決すべき(石油連盟)というお話もあったが、それだけでは解決しない。現実に(エネ庁の販社ヒアリングで)5社中3社が営業赤字であった。元売がそうした体質にあるということについて、ある程度行政が対応して頂かないと問題解決は難しい」全石連河本副会長





北関東の仲間の悲鳴に共鳴

県平均粗利が7円を割った群馬を筆頭に、9円以下という北関東エリアの中から、その惨状を直接行政に届ける陳情行動がこの2月27日に行われた。
悲惨な状況を作ったのは、元売完全子会社である。

我々全国の地場店は、彼らの痛みを自らの痛みとして共有したい。
15円粗利の経営者はそれが半減した経営を容易に想像できるだろう。
そうした商圏に立地する仲間の苦痛を共有できるだろう。


*****

>15円粗利の経営者はそれが半減した経営を容易に想像できるだろう。

私もそう思うのですが、できない方もいらっしゃるようです。
やはり、経験した者にしか分からないのかも知れません。

当店は、
粗利5円を経験しました。

18円もの業転格差を経験しました。
13円の販売価格差を経験しました。
毎年600万円赤字経営を数年間経験しました。
顧客の流出、法人掛け客の発券店値付けカード化も経験しました。
貸し倒れも経験しました。

20年程前から、地場店が見舞われるであろう“嵐”の渦中での経営をほぼ経験しました。
そして、その渦中から抜け出しました。

だから、「書ける」。


経験したことのない者が、上から目線で批判する。
或は問題の本質から目を逸らせようとする。
懸命に供給責任を果たそうとして踏ん張っている同業者、そしてまた果たし切れずに断腸の思いで店を畳んだ同業者を貶める。

当ブログではそんなことは許しません。





コストコ射水“異常値”続く
県内平均と格差15円 公取委へ申告も(富山)




セルフとフル価格差縮小 2~4円前後に接近 激戦地で顕著

かつてはセルフでは10円近く安く販売していたSSも多かったが、「大幅に安く販売するセルフ店が少なくなっている」という。
価格差が縮小している理由について「セルフは小刻みで変わる仕切価格(業転指標?)に合わせて販売価格を決めていたが、最近では価格をあまり変えずに販売している。利益を確保するためには必然的にやや高い価格を設定せざるを得ないためにフルに近づいてきたのではないか」と分析する。


※当市でも同じです。最大13円あったセルフ等の安値店との価格差は現在数円しかありません。
(当店が粗利を削って安値店に近付けているのではありません)


PS
>悲惨な状況を作ったのは、元売完全子会社である。

当市では元売販売子会社ではなく、2者店です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PRTR | トップ | チョットとちゃう差し入れ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。