気ままにぶらり旅日記

山や森のレポート&日々の雑記

2016.3 雪山ハイク時々テレマーク?!(その2)

2016-11-05 | 八ヶ岳・清里
<2日目:3月20日>

 今日は麦草峠から雨池経由で縞枯山荘と北横岳へ行く予定。
 麦草峠に行く前に、白駒池に立ち寄りました。

 赤くなっていく高見石
 

 御来光に挨拶後、出発!
 今日も1日よろしくお願いします
 

 

 「この時期は、麦草峠への登山道は踏みぬきやすくて歩きにくいので、車道を使った方がいいですよ」
 前日に小屋の方からそんな話を伺ったので、今回は車道を歩きました。
 メルヘン街道は4月開通の整備が進んでいました。
 

 茶臼山方面と甘池方面の分岐のあたり?
 記憶が定かでなくてすみません。。。
 

 大河原峠林道との分岐?
 

 快晴の空が気持ちいい!
   

 麦草峠から歩くこと50分くらい、雨池に到着☆
 広い~ 
 

 せっかくなので記念写真
 

 静かな雨池を散策後、縞枯山荘へ。
 歩いていると暑いくらいの陽気です。
 

 縞枯山荘に到着後、北横岳に行く前に宿泊の手続き。
 今日は無料のテレマークスキー体験教室があり、参加者の方と同室とのこと。
 以前しらびそ小屋で会った方から、縞枯山荘で無料のテレマークスキー体験教室が
 年に何回かあると教えていただいたのですが、今日がその日だったよう。
 小屋の方に教えていただくまで気がつきませんでした。

 体験教室は、今日の午後から明日の午前中まで。

 「今からでも参加することはできますか?」

 こんな機会はめったにないし、もし参加できれば。。。
 ダメもとで小屋の方に聞いてみたのですが、快く承諾くださいました!
 昼過ぎに集合とのことだったので、荷物をデポして急いで北横岳へ向かいました。

 北横岳山頂
 雪どけが進んでいました。
 

 南八ヶ岳も雪が少なそう。
 

 北横岳北峰
 諏訪富士の蓼科山
 

 北横岳ヒュッテの天狗さんにご挨拶
 

 縞枯山荘に戻り、ササッとお昼ご飯を食べたらテレマークスキー体験教室。
 初心者コースの女性は私を含めて2人。
 コーチは1人で、マンツーマンに近い状態で教えていただきました。
 
 スキー自体10年以上やっておらず、行っていた頃も年に1~2回。
 そんな私がテレマークスキーをできるのだろうか?
 ドキドキしながら教室はスタート。

 まずは板へのブーツの取り付け方から。
 テレマークスキーはかかとが固定されません。
 小屋の前を何度か往復後、小屋の前のゆるい坂で曲がり方の練習。
 前に出す足の位置と腰の位置が重要なのですが、これがなかなかうまくいかず。。。
 

 何度も何度も繰り返し練習し、最後は自主錬。
 最後の最後でやっとすこーし曲がれるようになりました。

 練習していた場所
 

 夕食はハンバーグ
 お腹がペコペコだったので、あっというまに完食(笑)
 

 夕食後は講師の方、体験教室の女性メンバーとミーティング。
 初心者コースでない女性はお手製の人形を持参されていました。
 名前はマークくん。(テレマークのマークなのかな?)
 マークくんのおかげで、身体の使い方の説明が分かりやすかったです。
 

 明日は今日より滑れるようなれるかな
 ミーティングのあとおいしい日本酒をいただいて、ほろ酔い気分で就寝
 

<3日目>
 朝起きると、あたりは真っ白!!
 昨日の青空と緑色の木々が一変して、真っ白の冬の景色に。
 

 

 体験教室2日目は、スキー場のゲレンデ近くまで行きました。
 風は弱くなってきたものの、とっても寒く感じます。
 

 昨日は無かったエビのしっぽ
 

 11時頃に小屋前に戻ると、だんだん青空が出てました。
 青空と雲の織りなす景色に魅了されます
 

 

 

 ちょっと遊んでみた(笑)
 

 

 坪庭
 

 再会と素敵な出逢いがあった縞枯山荘。
 みなさま、ありがとうございました!

 ゆる~い雪山ハイクの予定が、最後は筋肉痛必至のテレマークスキー(笑)
 いろいろなことが体験できた3日間でした☆
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.3 雪山ハイク時... | トップ | 2016.3 再会の大菩薩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

八ヶ岳・清里」カテゴリの最新記事