ピカールのネコライオンな日記

雑感や趣味について書きつづったブログです。
鑑賞した映画やアニメの話もちらほらしております。

ゴースト・イン・ザ・シェル

2017-04-15 21:21:00 | 映画
表題映画を観賞したので感想:

吹替版を見に行きました。
本作は色々な攻殻機動隊を混ぜてアレンジした映画に仕上がっていました。
その観点から推察するに、
ファン(原理主義者を除く)が喜ぶような映画を目指したのかもしれません。
ファン以外お断りの感じがしないでもありませんでしたが、
一般層に配慮しているのかストーリーがわりと簡単になっていました。
それが良いかは別として。

また、各種リスペクト・オマージュがふんだんに散りばめられておりニヤリとできます。
一つの映画作品としてそれで良いのかは別として。

独自の味付けとして、
主人公の名前が何故当初草薙素子ではないのかなど考えている面もあり、
そういった点は改悪ではないと思い個人的には評価しています。
ただ、深堀りすればもっと面白くなったのではないかと思います。
というかアイデアの使い方としてもったいなかった。

ビート北野武の評判が非常に悪いですが、
覚悟して行ったのでそこまで気になりませんでした。
それよりもバトー役大塚明夫の話し方のほうが気になりました。
まぁ、アニメと洋画吹替では発声方法・演技方法は違うそうですから仕方がないのかなぁ。
収録時に吹替キャストから吹替台本に駄目出しが出たそうですから、
そういった点も影響しているのかなぁ~。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓参2017春 | トップ | 迎賓館赤坂離宮一般公開参観... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴースト・イン・ザ・シェル(日本語吹替版) 監督/ルパート・サンダース (西京極 紫の館)
【出演】  スカーレット・ヨハンソン(少佐/声:田中敦子)  ピルー・アスベック   (バトー/声:大塚明夫)  ビートたけし      (荒巻大輔)  マイケル・カルメン・......
[映画] GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル (12時間Blog)
「GHOST IN THE SHELL ゴースト・イン・ザ・シェル」を川崎109シネマズにて観て来ました イロイロと言いたいことはあるものの ”よくぞここまで!” という見事な出来になっていたと思い......
字幕版は観ません。『ゴースト・イン・ザ・シェル(日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」をハリウッドで実写版映画化した作品です。
「ゴースト・イン・ザ・シェル」(1回目) (或る日の出来事)
おもしろかった。
ゴースト・イン・ザ・シェル (Akira's VOICE)
オリジナル愛を込めてシーンを繋げた印象。  
ゴースト・イン・ザ・シェル (だらだら無気力ブログ!)
あれ?悪くないぞ。