エルムとリクのあしあと+しっぽたち

地上組のトイプードル&ゴールデンレトリバー 時々お空組のトイプードル&ゴールデンレトリバーの日記

教科書通りが全てじゃないよね

2017-06-14 18:45:38 | リク

月曜日の夕方

またまた吐血のリク

薬は飲んでいるのに何故?

思い当たる節が有りました

 

自分だけの居場所があると良いと

先生に言われ、リクまなゲージを用意

ご飯もトイレもお留守番もゲージの中

これでリクのストレスが軽減してくれたら

そう願っていた

 

しかし、フリーの状態に慣れてしまったリク

ご飯は落ち着き無く食べている様子

トイレ、ここで良いの?

どこでしたら良いの?

前の場所にトイレが無いよ

元トイレが有った場所で、ウロウロソワソワ

失敗したり成功したり

失敗が重なるたびに、感情的に怒ってしまう私

 

普段のリクを見ていても

ゲージの中は自分の居場所と思えない様

それどころか、ゲージで中での

食事、トイレ、お留守番にストレスを感じているよう

ご飯も残す事が増えてきた

 

ストレスが軽減されるならと思っていた

リクの居場所作りのゲージ

これでは逆効果ではないかと思い

取っ払いました

 

ご飯も、トイレも今までと同じ場所

お留守番もフリー

すると、ご飯を残すことも無くなり

トイレの失敗も無くなった

 

リクだけの居場所は無いけれど

リクが一番過ごしやすい場所は

リク自身が一番分かっているのかな

と感じています

 

これほど吐血が続くリク

何でも無いといいなと祈りつつ

明後日、内視鏡検査をお願いすることになりました

何でもなければそれで良し

万が一何かの病気が隠れているならば

早めの対処と言うことで。。。

 

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドッグリゾートWoof満喫 | トップ | アスファルトコースとあぜ道... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ランママ)
2017-06-14 22:45:10
さすが、はるみさん♪
教科書よりリクくんが一番の教科書であり先生ですよね。
先日私もランさん、そうだったのね・・・(泣)ってこと
ありました。
色々と参考にはしつつ
その子を見極めるってのが飼い主の力の見せ所なのだなぁと痛感してる今日この頃です(笑)
リクくんの吐血 心配ですね。なんでもないこと祈りつつ、万が一あったとしても早目の対処で。
母ちゃんはドンと腰据えて ほっこり行きましょう(*^_^*)


おはようございます。 (ぶーばー母♪)
2017-06-15 07:30:29
毎日遊びに来てるのよ^^
ココちゃんとこにもねーーー
リクくん、、何ともありませんように~~。
愛知の空から見守ってるからね。

レンくん・リクくん・まなちゃんーー!!
ほんとになんて可愛いんでしょうーー
ランママさんへ (はるみ)
2017-06-15 16:17:08
子育てもワン育ても、この仔その時の状態を見て
その仔に合わせた自己流で良いのかな
と思っています。
これがダメなら次を試そう、こっちがダメならこれでどうだ!ってね(*^^*)
人から見て、 あぁあ あんな事しちゃっているよ
と思われても、自身の仔は飼い主が一番よく分かっているものね♪

リクどうしてしまったのか。。。相当のストレスなのかなぁ
それとも何か他に原因が有るのか?
取り敢えず、明日の検査を待つのみです!
ドンと腰据えて!母ちゃん頑張る!
ぶーばー♪母さんへ (はるみ)
2017-06-15 16:31:10
こんにちは(^^)/ お久しぶりでーす♪
私も毎日遊びに伺わせてもらってまーす(≧▽≦)
喘息の方は、落ち着いている様で良かったですが
梅雨時に、発作が起きてしまう方も多いようなので
母さんも無理をしないで下さいね(*^^*)

母さんが見守ってくれるなら、リクはきっと大丈夫!
心強いです♪ ありがとうございます(^^)

リクまなレンに負けないくらい、ふくちゃんもとっても可愛いです♪
そして秋に新入りさん~ 孫が居ない
あっ 嫁すら居なかった(^^;) 私も今から楽しみにしているのです(^^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。