風と雲と・・・・・・・

鷹野みゆきに出会い、広電に出会い、広島を好きになる。
今は、世間に惑わされずに広島の『本音』を知りたい・・・・・・・

気持ちよくお金を使わせるセンス・・・・・・・・・・・判ってねぇ

2017-04-29 10:35:36 | 鉄道模型工作
ホビダスの16番阪急8000系がいつの間にか発売されていた。



以前、同様の名鉄7000系


4両スペシャルセット出たときに・・・・・・・・・・

大きく豪華な着色ダンボールケースの割には


ばら売りセットブリスターをはめ込んだだけという安易な
正体にかなりがっくり来たことを思い出した。


で、セット構成はまあいいとして・・・・・・

問題は8両スペシャルセットの中身だが・・・・・・・

一応、改善されているように思えた

2両入りのブリスター4個と言う方法は
流石に無理なのはわかってるように思ったが

ただ、先頭2両トータルになると・・・・・・・・・

このざまだ。

分売してるブリスターパッケージをはめ込む構成なのでよく見ると
ものすごいムダスペースが発生してる。


塗料にしても、車体色2本だけよこして床下や屋根に必要な
グレーの存在を無視してる有様・・・・・・・・・。
そもそも、エアーブラシ持ってる人が買うとは限らないし
グリーンマックスのスプレーを使う人だって居るかもしれないのだ。
塗料ぐらいはバラで買わせればいいと思うし、
逆に、こういうことするならグレーも開発して付けろといいたいのだ。

冒頭でマニアに無理だと言い切ったのは
明らかに買う客の立場を客観的に想像出来ないからなんですよ。

例えば・・・・・・・・・・・・・
お金持ってて一応の、工作技術ある方が阪急作りたいからと
これを手にした際
16番の部品は入手難しいから色々付けるのはいいと思うけど
それならば、基本的に必要な車体色2色とグレーさえあれば
後は市井の模型店とかでも他に必要な塗料や
溶剤は購入できるので万事いけると思う。

ただ、この製品担当は、グレーは普通のでいいだろうと・・・・・・
省いたと判断たようだ。


・・・・・ただ、問題はそうで無い客だって入るのだ・・・・・・・・。

エアーブラシ無い人にこれだけのためにわざわざ買わす様な態度は
どーなんだと思う。

買う人はエアーブラシでも持ってるし買うでしょ?的に
考えてる姿勢は客を舐めてるし、ユーザーをホントに大事にして無い
態度だといいたいのだ。


拘る以上は普通のライトグレーであろうがダーク
グレーであろうが屋根や床下色もつけるのが親切だろう。
関西だから言うのではないが・・・・・・・・
マッハが阪急用の屋根色開発してるの知ってるだけに
思えるのだ・・・・・・・・・・・・・。

サウンドセットにしてもそうで、
先に幹をしっかりさせないといけないのに
何と枝葉ばかりに走るのか・・・・・・・・・・

サウンドセットなんか求める人などかなり
のモノ好きでしかない・・・・・・・・・・。

あとブリスターは絶対ムダ。

製作後、真っ先にムダかつ
捨てるにもわざわざかさばるものを余計に負担
させる姿勢は神経を疑うわ。


この製品があった頃は・・・・・・・・


こんなトータルセットも出てたけど・・・・・・・
欲しくて仕方なかったのは・・・・・・
今見たら雑でも、ものを売る姿勢からすれば
好感持てるからだ。


近年はこのセットが特に興味ないものだけど
・・・・・・・・欲しい気にさせた最有力かも。
ジャンル:
模型
この記事についてブログを書く
« スケール小せぇ・・・・・・... | トップ | それが路面電車であっても車... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。