IT・技術開発その他いろいろ活用ブログ

ITや製品開発、その他役に立つかどうかは別にして、各種紹介や個人的な考え方、その他話題をつづって行きたいと思っています。

チオノドクサは少しづつ移動して…

2016年05月31日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



暑さには弱いと思います

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

血おの毒草ではありません。Chionodoxaと言う学名を
そのまま使っているからで、日本語には向いていない
音を持っています。

ずっと日陰育ちですが、暖かいところに移すと数年で
絶えることもあるというのでそのままにしています。
元々寒いところが好みの花なので猛暑の土地では大変
だと思いますが毎年頑張っています。

場所も少しづつ移動しているようで、花が見にくい所
へ行ってしまいました。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高額医薬品は使う事だけが問題なのか?

2016年05月30日 | 政治経済
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

最近気になった話題に高額医薬品の話しがあります。
ガンに対して夢の新薬かもしれない新しい薬が出たのは
良いけれど1年続けて使用すると3000万円以上費用が
かかるので、利用には医療に与える費用の影響を含めて
考えるべきだと言うものです。

そして、保険が適用になれば金持ちでなくとも使用
出来るので、保険制度の破綻も考えられ、保険料の
値上げか利用抑制も有り得るので高額医薬品の使い方と
費用負担の検討が必要という内容でした。

これは使う事だけを問題視していて、作る事は問題に
していません。作るのは自由競争だからと言うのかも
知れませんが、医療が国民皆保険の制度になっている
以上、利用だけでなく作る方も完全自由では困るで
しょう。
作る側からすれば、良い物ならどんなに高くても売れる
ことが前提で作れます。

国も作る側の視点を入れ、企業も保険制度という制約
条件の中で努力をすると言う活動が必要だと思います。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラスミレ

2016年05月29日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



他のスミレが終わる頃に咲きます

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

名前が贅沢なスミレです。スミレの中では大型で美しい
のでスミレの女王とも言われます。

サクラの名は花びらの先が桜のようにくぼんでいると言う
のですが、そういう花にはなかなかお目にかかれません。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニシキゴロモ

2016年05月28日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



四つ目ですね

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

花の形はキランソウに似ています。色は薄く白に紫の
模様があります。
上の花びらが面白く、オシベの葯が目に見えるから
不思議です。

変わった花で美しいと思うのですが、名前の元は
葉が美しいからだと言います。確かに葉も紫の筋が
美しいですね。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸で象ブーム

2016年05月27日 | 社会
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

江戸の多くの人は象を見たことがなかったと思います。

吉宗の時代にベトナムからやって来た象は江戸城内で
見物された後、浜御殿で一般公開されたそうです。
あまり人々が多く殺到したため、公開中止になったよう
ですが、御三家や大名の屋敷も訪れたと言います。

その後浜御殿で13年飼育されたそうですが、何歳
だったのでしょう?調べると21歳で病死したそうです。
象の寿命からすればまだ若かったと思います。象を
見たいと言ったのは吉宗のようですが、象の寿命を
知っていたのかは気になりますね?

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマブキソウは山吹から

2016年05月26日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



花は4cmくらいあったと思います

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

花が木の山吹に似ているからヤマブキソウ。

花がけっこう大きいので、同じ花数ならヤマブキよりも
目立つので群生していると綺麗です。

ただ、このものはポツンと咲いていました。この先
群生できるようになるのでしょうか?


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斑と班

2016年05月25日 | 生活
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

これは似ていると言うよりほとんど同じ字に見えます。
年のせいかもしれませんが、遠くから見ると違いが
分かりません。

斑と班です。

斑は斑点に使います。班はクラスの区分けなどに使う
漢字です。違いは左右の王に挟まれている部分です。
ただし、王は玉だと言います。

斑の文は文様のことで玉が散らばった様子を表し、
班の間は刂(りっとう)で刀を表し、二つに分ける
ことを表すと言います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニョイスミレ

2016年05月24日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



白い小さなスミレです

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

ツボスミレとも言われますが、本来のツボスミレは
タチタツボスミレだという説もありました。

今ではその中間みたいな決着になっています。タチツ
ボスミレはそのまま、ツボスミレは正式名称をニョイ
スミレとしてツボスミレは別名になっている場合と
その逆で正式名称がツボスミレ、別名がニョイスミレ
の場合もあります。

ありふれていることもあって損をしているスミレです。
如意は仏具から、坪は庭からだと言いますが、ニョイ
スミレもツボスミレもあまり良い名前とは言えません。
和名の場合厳密な決め方は決まっていないと言うので
何か別の名前を考えてあげたいですね。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イカリソウ

2016年05月23日 | 政治経済
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



赤城のイカリソウ、白っぽい花です

庭のイカリソウは赤紫

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

名前は舟の錨(いかり)に似ているからですが、花を
逆さまにしないと錨を下げた形にはなりません。

名前をつけた人は陸に置いた錨が逆さまだったので
しょうか?

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いツバキ

2016年05月22日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



真っ白なツバキです

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

昔からあったツバキですが名前は分かりません。

白く八重咲きです。植木鉢で面倒見が悪いのでいつも
花は数個程度しか咲きません。

植え替えは鉢が大きいのでたまにしか出来おらず、
本来は大きな木になるのだから窮屈なのでしょう。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミツマタ

2016年05月21日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



白い産毛に黄色の花が目立ちます

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

ミツマタと言えば、学校で習ったコウゾ、ミツマタは
お札の原料、が頭に浮かびます。

他の所では見たことありますが、散歩コースでは初め
てです。でもいつも通っているところなので、気がつか
なかったのは不思議ですが、花の期間が短いのでしょ
うか?

それにしても面白い花です。ツボミのときは半分の白い
毬みたいで咲くと黄色いミニラッパのような個別の花に
なります。

昔からの木と言われますが、帰化植物とされ、日本に
やって来た時期は分かっていないようです。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

江戸でも打ちこわし

2016年05月20日 | 社会
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

打ちこわしは一気と並んで江戸時代以前の民衆行動形態
のひとつで、いまなら単純に暴動と言われるかもしれ
ません。

当時は歴史的な見方が必要で、単に暴動と言えないの
だと思いますが、今の日本から考えると大胆な行動だ
とは思います。

打ちこわしは不正に対する破壊行為ですが、江戸でも
米屋に対して行われることが多かったようです。天明
の時代と言いますから、天明の飢饉が思い出されます。
こういうことが背景にあったのでしょう。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうがたつ

2016年05月19日 | 植物
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



蕗の薹が立っています

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

ひらがなで書かれると分かり難く、最近はあまり使われ
ない言葉になっています。

薹が立つと書いて、元々は野菜山菜などが花が咲く
くらいまで育って花茎が大きく伸び立って堅くなり、
食べられなくなる事を言います。

転じて、頃が過ぎる。さかりが過ぎる。時期が過ぎる。
事を表しますが、差別語とみなされる恐れがあるから
かどうか分かりませんが、あまり聞かない言葉になっています。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

匂と勾

2016年05月18日 | 生活
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

これもそれほど間違わないと思います。勾は勾配で傾き
の熟語がありますが、匂(におい)は音も熟語もすぐ
には浮かびません。

それもそのはず、匂は数少ない国字=日本で作られた
漢字だからだそうです。余韻の韻の異体字、韵の右を
元に作られたと言います。後に残るイメージを利用
したようですね。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物置の塗装-2

2016年05月17日 | 生活
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。



元の色より若干白いペンキだったようです

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

しかし、大変なのは塗るよりも準備でした。
まず、道具とペンキの調達。回りの整理と物置内部の
邪魔物整理とホコリ除去。そして劣化した塗装部分の
掃除。最後に付近の養生やマスキング。これだけで丸
1日費やしました。

ペンキを最初はローラーを使って塗り始めましたが、
スポンジの模様が残ってしまってそのまま次に塗る間に
その形のまま乾いてしまいます。理由は分かりませんが、
うまくないので急きょハケを調達してこれで塗り直し
です。

ハケでもペンキが濃すぎるとハケの跡がそのまま残り、
薄め過ぎるとペンキが乗らず、今度は色ムラになりま
す。業者がやるときは多くはスプレー方式で行うのも
納得です。もう一つ問題だったのは強風、しかも半端
ないもので塗るそばからほこりや虫が引っ付いたり、
風が一瞬弱まるのを待っていると乾いてムラが出来る。

とまあ、準備も塗るときも大変でしたが、少し離れれば
問題無い程度には塗れました。数年は大丈夫だと思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加