IT・技術開発その他いろいろ活用ブログ

ITや製品開発、その他役に立つかどうかは別にして、各種紹介や個人的な考え方、その他話題をつづって行きたいと思っています。

500年後の皆様へ-46 製品の品質4

2017年12月11日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

西暦2017年・日本暦平成29年12月11日月曜日

品質のやっかいなところは、品質向上に取り組んでも
取り組まなくても一見違いが分からない時があること
です。

運が良ければ何もしなくても問題が起こらないと言う
性質を持ちます。何も起こっていないのだから取り立
てて何か対策を講じなくても…と考えてしまうことで
す。それが大きな落とし穴です。

それは企業存続を運に任せていることになるのです。
品質問題に真剣に取り組んでいないと、ある日突然大
問題が持ち上がります。品質向上に取り組む費用の何
倍、何十倍もの損失があっという間に出て、時によっ
ては企業生命が終わってしまいます。

実際に今の日本で起きている重大な品質問題はそんな
背景があると言えます。

中には過剰品質なのでちょっと程度を落としても…と
いう考えがあったのかもしれません。
本当に程度を落としても自信があるのなら、基準ルー
ルを正当な方法手順で見直すべきです。
そんなことを言っても何処でも実態は…と言うなら、
根本から考えが違っています。



以下続く。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

500年後の皆様へ-45 製品の品質3

2017年12月04日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

西暦2017年・日本暦平成29年12月4日月曜日

不正を原因とした製品不良の原因は企業それぞれの
事情があるので、一律にこれだとは言えないとは思い
ます。

ただ、共通して言える事は経営層の共通認識として
品質を重視していなかったと言うことでしょう。言葉
では品質は大事だと言っていたかもしれません。また、
頭では本当に大事だと思っていたのかもしれません。
しかしそれが行動に結びついていなかったのだと思い
ます。

それと、品質の性格を理解していなかったこともある
かもしれません。経営者は自分で物を設計することも
作る事も、また検査することも普通はありません。
ただ品質の性格を理解していないと経営としての品質
への関わりが効果を生みません。


以下続く。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

航空業界の二酸化炭素

2015年10月12日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

今でも世界の多くの国が温暖化は二酸化炭素の増加が
原因として、対策ならまだしも政治的ビジネス的な動きが
続いています。

そんな中で航空業界だけはCO2の規制対象から外れていた
と言います。これは航空機輸出に影響を与える国が
原因と言われています。

自分の都合でいかようにも規制対象を決めるくらいです
から、根拠は薄弱です。何十年も先の気候が正確に予測
出来るなら、来年の気候は100%当たっても良いはず
です。


ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドローンの扱い

2015年07月06日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

ドローンはその将来性を期待されていますが、問題も起こ
していてそちらの方がクローズアップされています。

規制の話題ばかり取りあげられていますが、特徴がある
新しい技術は効果とともに副作用、問題はセットで必ず
付いてきます。

良い事を伸ばして悪い事は抑える。これも技術として
大事なことで、問題を解決又は起こさないようにするのは
政治・行政の大きな役目だと思います。

良い芽を摘まないような対応が期待されます。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太平洋のゴミベルト

2014年09月06日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村へもどうぞ

海流は魚も運びますが、ゴミも運ぶようです。

太平洋にはゴミベルトなるものがあってプラスチックの
巨大ゴミ空間になっているそうです。面積はなんと、テキサス
州に匹敵するとか…。

問題は、そこに微生物が付着し、それをより大きな生物が摂取
し、食物連鎖が始まっていることです。

近くの魚、一部は体内からプラスチック片が見つかっている
そうで、もしかしたらそれらは破片そのものではなくても、
いろいろな形で我々の体内にも入っているのかもしれません。

そんな事考えると魚が食べられなくなりますが、こう言う事の
危険度を調べてくれると有り難いのですが…。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックスワンから-1 フロローグが長い

2013年04月12日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

何年か前に流行った本がツンドクになっていました。タイトルは
「ブラックスワン」。

何年もそのままで、ようやく読み始めました。今後少しずつ紹介
したいと思います。

最初はブロローグ、これがやけに長いのです。
普通は長くても数ページ、ところがこれはブロローグだけで
20ページもあります。

キーワードとしては、「分からないこと」、「不確実性」、
「めったにない」、「普通と異常」などです。

ブラックスワンのタイトルは、フロローグ最初のところで、
「オーストラリアが発見されるまで、旧世界の人たちは白鳥と
いえばすべて白いものだと信じて疑わなかった。……。はじめて
黒い白鳥が発見されたとき…」から来ているようです。

これから、しばらく楽しめると思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発事故の本質-1

2012年11月08日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

原発の事故は日本国民に多大な迷惑をかけていて、それが今後
何十年も続くかと思うと何ともやりきれない気持ちです。

去年の事故の2ヶ月後に出た技術専門誌に技術経営(といっても
技術経営とは良くわからないのですが)の専門家が原発事故の
本質について述べていたので、興味を持って読んでみました。

まず、事故の原因として3つ挙げています。
・非常用発電機を防水にもせず、海岸近くに配置した。
・想定外と表現した津波の高さに足りなかった原子炉の設置高
・非常用電源が停止した後の最後の砦も止まった時の戦略がなかった。
 「時間軸のグランド・デザイン構想力の欠如」

このうち3つめの原因に焦点を当てて、本質は「近代以降の技術
は、常に科学パラダイムに基づいていて、そのパラダイムが提示
する『物理限界』を乗り越えることは出来ない」という命題への
本質的な理解の欠如だった…と難解な結論を導いていました。

これだと何だかよく分からないので、次回もう一度考えてみたい
と思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SNS型問題解決

2012年03月23日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

SNSは共有だけでなく、共同作業にも向いていると思います。
特に問題解決には有効な環境です。

昔から3人よれば文殊の知恵と言われますが、SNSになれば、
30人でも、300人、いや3万、30万の人の知恵を活用する
ことだって可能です。

文殊どころか、スーパー阿弥陀仏の知恵も可能かもしれません。
ただし、これを活用するには、良いアイデアと良い議論文化、効
率主義の見直しなど課題は多いと思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まとめ再掲-電力不足への対応-4

2012年03月19日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

計画停電も1年過ぎると過去の経験はかなり薄れ、数年経つと忘
れてしまいそうですが、電力は改めて重要なエネルギー源だと理
解させられたことだけはしっかり頭に残っています。

******************

5月から夏までは計画停電をしなくても済みそうなので、ここで
は夏に不足する電力について考えたいと思います。

去年の東電での最大消費電力は大体5700万KW、今年の夏の
予想最大消費電力が5500万KWと言われています。

それに対して、東電では夏までに、火力増強、臨時ガスタービン
発電、企業等からの売電、等で最大5000万KWが供給限度だ
と説明しています。

変動を考慮すれば500万~800万KW足りないと言う事にな
ります。

経済学者は声をそろえて(かどうかは分かりませんが、そう言う
風に言われています)電気料金の値上げだといっている様です。

そう言うやり方が効果があるかどうか分かりませんが、熱中症の
死者が増える事は確実です。

不足の最大値が800万KWとして、14%ほどピーク時を減ら
せば良い事になります。東電の説明ではピーク時とそうで無い時
の差は1000万KWにもなると言っています。

ならば活動時間をずらしてピークをずらす、ここ2、3年は(そ
れで済むかはまだ分かりませんが)夏休みを3週間にして、しか
もずらす。

病院のように命に関係するところは休むわけには行きませんが、
正月の事を考えれば、一般向け診療を交代で休む事は可能です。

また、どうしても長期に休めない企業は、操業レベルを落とすか
それこそ電気料金を上げれば良いと思います。

この他にも考えられるので、いろいろなシュミレーションをして
最大限停電をしない方法を考えるべきだと思います。

******************

発送電分離の話は時たま聞こえて来ますが、電源周波数全国統一
の話はほとんどされません。長期的には一番有効な電力政策だと
思うのですが…。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まとめ再掲-電力不足への対応-3

2012年03月19日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

今年夏は計画停電、どうなるのでしょうか? 原発を再稼働させ
ようとする動きもありますが…。少なくとも自然エネルギーが実
際にものになるにはもっと年月が必要な様ですし、火力の原油は
値上げで高くなっています。現状では、危険、費用、停電のどれ
かを受け入れなければならないのかもしれません。

******************

4月下旬まで計画停電に依存する場合を考えます。

現状の計画停電はグループを5つに分けています。グループ分け
は市町村単位では無く、その中でも散らばっています。

理由は明らかにされていませんが、電力の潮流に関係があるかも
しれません。電力網もネットワーク状に構成されていて、足りな
いところへ余裕のあるところから供給するように電力の流れを制
御しています。

身近な例で言えば、最近太陽光発電の家庭がみかけられますが、
太陽光で発電した電力が余っているときは電力会社に電力を売る
売電ができます。このときに電力の向きが家庭から電力網の方に
流れる様に変わります。これも小さいですが電力潮流の変化です。

ある地域全体を広範囲に停電させると、この潮流制御に支障が出
ると考えているのかもしれません。まず、この辺の理由を明らか
にしてもらえると停電の方法がもっと検討できると思います。

ある程度の範囲ならまとまって停電可能かどうかが、一つのポイ
ントです。後は対象地域の事前明確化だと思います。時間の正確
化もあるのですが、対象地域と、実施有無が事前に分かっていれ
ば対処はしやすくなります。

今後は各グループをもう少し細かく分けるみたいですが、やるか
やらないかが直前にならないと決まらないのでは計画になりません。

現状の停電実施、範囲、時間などの判断基準は実施の様子から見
て、出来るだけ短く、狭くと言う考えにあると思われます。

しかし利用者からみれば、いつ停電するか、また復帰するのか、
対象も直前でないと分からないのは、短くなっても、範囲が狭く
なってもありがた迷惑です。

可能ならば、地域単位で、最低限実施の有無と時間は計画的に実
施してほしいと思います。

******************

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まとめ再掲-電力不足への対応

2012年03月19日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

ちょうど1年前、大震災の後、電力不足ということで計画停電が
実施されていました。そのころに掲載したものです。今では計画
停電などあったことも忘れている人もいるかもしれません。

今になってみれば本当に計画停電が必要だったのかも良く分かり
ません。今年の夏はどうなるのか?考え直すことと、当時の自分
の考え方を見直す意味でまとめてみました。
以下当時の掲載内容。

************
電力が足りず、東電は計画停電(ちっとも計画的ではありません
が)を実施しています。

幸い今日の関東は暖かく、休日でもあり、停電は実施されていま
せん。

計画停電というより、緊急的エリア選択停電ですから、利用側は
計画的には対応できません。

計画では5グループに分けて輪番停電をしていますが、地域で分
けている訳ではありません。

例えばある生産企業で考えれば、部品調達でも工場が稼働できて
も協力会社は停電中になる、協力会社への部材供給元も停電と、
各調達ルートのどこかが止まっていれば、生産のための操業はま
まなりません。

その他にも信号のダウンも物流に影響は大きいものがあり、停電
としては20%のダウン(最大で)ですが、影響は70%にも8
0%にも拡大されてしまいます。

どの企業もジャストインタイム的な方式を取り入れ、物流を過度
に利用しています。コンビニやスーパーも同じです。これも一種
の仕組みとしての標準化で、標準化は部品同様、リスクは高くな
ります。ほとんどが、このリスク対策をしていないので、バラン
スが崩れるだけで不安定になり、今回の様に崩れ方が大きいと、
破綻にまですぐ行き着きます。

ガソリンの流通不足も停電が大きく影響しているようで、製油、
輸送、配車、配送、スタンドとそれぞれの段階で停電の影響を受
けます。

このように現在の計画停電は、見かけは部分的にやっているよう
に見えますが、それは電力の都合から来ているもので、電力にと
って計画的なので有り、利用側から見ればゲリラ的停電になりま
す。

電力不足については現状の計画停電では無く、停電の有無も含め
て至急見直すべきだと思います。

次回は見直し方について考えたいと思います。
*****************

当時、病院に通じる電源系統を利用する地域は一般も含めて停電
対象外とする工事を行っていました。今でもその機能は生きてい
るのでしょうか?

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパコンに足りない部品?

2012年03月15日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

雑誌に気になるタイトルの記事があったので読んでみました。
読んで見ると足りない部品とは技術者なのだそうです。

大型のスパコンや普通のサーバーでは充分技術者が足りているそ
うです。足りないのは中規模の高性能マシンの場合で、実際の実
務に一番活用されそうな領域の活用技術者が不足しているという
ものです。

ITの技術者は決して恵まれた状況にはありません。企業にとっ
ては人材が豊富で安く調達出来るのは都合の良い状態かもしれま
せんが、技術全体から見ると、望ましい状態とは言えません。

日本のITが世界でなかなか勝てないのは、ITの開発を単なる
作業と考えているからかもしれません。ITには勝てる技術力が
求められているのであって数が足りても勝ち抜けることにはなら
ないと思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節電の目的とピーク電力

2011年09月14日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

夏の暑さもピークを過ぎて、節電の義務化も終了し、電気予報も
原則終了となりました。

しかし、お店のエスカレータは止まったまま、高速のサービスエ
リアの給茶機も半分は停止したまま、企業のサマータイムも継続
決定と節電対応は続いたままの様です。

節約は悪いことではありません。しかし度が過ぎれば悪影響の方
が多くなります。

企業の方としては節電よりも経費削減の効果に味をしめたのだと
思います。今回の節電はある種の犠牲の上に成り立っている場合
も多いと思います。

元々はピーク電力を下げれば良かったものが、いつのまにか全体
節電へとすり替わり、期間限定が継続に変わっています。

ムダなものは構わないですが、必要なものまで削減しては社会、
企業、人の健康を損なうだけです。

単なる節電の継続では無く、快適かつムダの無い電気の利用を、
再検討する良い時期だと思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解決策の考え方 何をどこまで考えるか?

2011年09月09日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

問題の解決を図るためにいろいろな対策を考える場合があります。

具体的な対策方法は問題の種類、規模、難度その他により変わっ
てきますが、共通事項として考える事がいくつかあります。

まず、その対策は緊急対策か、当面の対策又は恒久の対策かを考
える必要があります。それによって対策の目標、期限、具体的手
段などが異なって来ます。

その他に基本として5W1Hと費用などを考えます。+αとして
は対策の品質と信頼性、対策実施上の問題点とその対応、対策の
代替え案、副作用とその対策の検討、対策の影響範囲なども考え
ます。

基本は普通の業務と同じですが、特に対策の二次被害が起きない
ように慎重且つ迅速に対応することが必要になります。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開発のナレッジ共有は何故進まないのか?

2011年09月05日 | 問題解決
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
上記をクリックして頂けると応援になります。

開発のナレッジ共有はその必要性が相当以前から叫ばれていて、
いろいろな方法が試されたようですが未だに効果的な活用はされ
ていないようです。

でも相変わらず要望はあるようで、毎年企業の重点投資分野とし
てナレッジ共有が上位を占めています。

私が開発を現場で行っていたときも、このことをやりたいと思い
いろいろ試してみましたが、中途で終わることが多かったと記憶
しています。

うまく行かないのにはそれなりの理由があるのだと思います。そ
れを明確に分析したものは見た事がありませんが、あるのなら見
てみたいと思います。

多分理由は単純なものでは無いのでしょう、多くの要因が複雑に
関係しているのだと思います。

過去に行われた方法は品質管理のように標準化を基本にしたもの
とか暗黙知を見える化して形式知にするものだとかありますが、
いずれも成功とまでは行っていないようです。

これらも必要なのでしょうが、これだけではダメだと言う事です。
その+αは何でしょうか?それが分かればブレークスルーになる
のだと思います。

ブログを読んで頂きありがとうございます。
下記をクリックして頂けると励みになります。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加