バンディオンセ加古川についてのブログ

バンディオンセ加古川や関西サッカーリーグに関する事を中心に書くが他クラブについても自由な立場で書いていく個人ブログ。

2017年6月15日 天皇杯2回戦 神戸新聞文字起こし

2017-06-15 15:00:20 | Weblog



2017年(平成29年) 6月15日 木曜日 神戸新聞朝刊14面

バンディオンセ加古川 いざ

21日・天皇杯サッカー2回戦

J1相手番狂わせを 新潟戦

 サッカーの天皇杯全日本選手権は21日、各地で2回戦を行う。
兵庫代表で関西1部リーグのバンディオンセ加古川は、デンカビッグスワン(新潟市)で、
J1新潟に挑む。昨年の天皇杯でJ2京都に4失点して敗れ、Jリーグ勢の高い壁を知る日向主将は
「勝ってインパクトを残したい」と番狂わせを狙う。
 旧運営会社の経営難を受け、今季から体制を刷新したバンディオンセ加古川。
選手も多くが入れ替わる中、天皇杯予選を兼ねた今年4月の兵庫県選手権決勝で
PK戦の末に関学大を振り切り、2年連続で本大会に進んだ。
 4月22日の天皇杯1回戦では北陸大(石川)を退けたが、日向主将ら主力にけがが相次ぎ、
今季の関西リーグの初白星は開幕6戦目だった。大塚監督は
「選手をコンバートするなど試行錯誤が続いたが、選手個々の幅は広がった」と前を向く。
 実力上位の新潟に対し、勝機をどこに見いだすのか。昨年の京都戦にも出たMF鈴木は
「走れる選手が多いのが今年の特徴。技術面では完全に劣るが、走り勝つ」と意気込みは十分だ。
 新潟にはバスで移動する予定。自ら運転するという大塚監督は
「われわれに失うものはない。思い切ってやるだけ」と再スタートの年の大一番に臨む。 (有島弘記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 セレッソU-18対大津高校 | トップ | 第97回天皇杯 新潟戦のチケ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。