高橋真樹/Musician 音楽活動展開17周年。
2018年もよろしくお願い致します!
高橋真樹 / Musician[Official blog]



23日は帯広「演研 茶館工房」さん、24日は本別「エリート」さんで唄わせていただきました。皆さんどうもありがとうございました!帯広は電柱くん、本別は吉田さん&荒井さんを中心に、沢山の方々からのお力添えをいただいて実現となったステージです。本当に感謝です。両ステージ共に、NEW ALBUM『3』のコンセプトでもある「会って直接」という部分を大事に、あたたかく力強い内容をお届けさせていただくことができたと思います。

写真は、本別でごちそうになった、足寄は「ウッディベル」さんの「十勝チーズベーコンエッグバーガー 」アメリカンサイズです。驚愕の大きさ!!そして美味ッ!

さぁ、次なるLIVEは11/30(土)夜7時~旭川「アーリータイムズ」さんでの「高橋真樹マンスリーLIVE vol.83」。「北海道TOUR2013【3】」と銘打った各地への音楽行脚も一区切り、いわゆるのツアーファイナル的な位置付けとして唄わせていただきます。

そして、今日11/26で32歳になりました。

もう32歳にもなったのだから、10代の自分よりも20代の自分よりも、もっともっと夢に向かって輝いていこうと思います!!「真っすぐに勝るものはない」と感じてやまない「今」です。

これからもよろしくお願いします!!



高橋真樹 3rd.NEW ALBUM【3】特設サイトは こちら

Facebookは こちら

Official Webは こちら





.

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




16日(土)は札幌「meteor」さんでのステージ、皆さんどうもありがとうございました。今回は、開店1周年の御祝いの意も込めて唄わせていただきました。

今後のLIVE・イベント出演情報をお知らせします。9月末から始まった「北海道TOUR2013【3】」と銘打った各地への音楽行脚も、残すところあとわずか!意図としましては、11/30の旭川で一区切りという形です。一瞬一瞬を大事に紡ぐステージング、まだ体感されていない方はぜひ!

そして、12/13(金)から始まる、深川「クラーク記念国際高等学校・北の大地 元気の泉キャンパス」さんでのLIVEは、各キャンパスから来られる生徒の皆さんを対象としたステージとなります。生徒の皆さんと「精一杯」を共有できるよう努めます。

2013~2014年 (全敬称略)

11/23(土) 帯広「演研 茶館工房」
11/24(日) 本別「エリート」
11/30(土) 旭川「アーリータイムズ」vol.83
12/13(金) 深川「クラーク記念国際高等学校」※仙台・岐阜キャンパス
12/21(土) 旭川「イオンモール旭川西」
12/21(土) 旭川「アーリータイムズ」※vol.84~special~
12/28(土) 札幌「歌酔倶楽部ありがとう」※vol.16
12/29(日) 小樽「一匹長屋」
12/31(火) 東神楽「森のゆ花神楽」
01/08(水) 深川「クラーク記念国際高等学校」※大阪・梅田キャンパス
01/12(日) 深川「クラーク記念国際高等学校」※東京キャンパス
01/21(火) 深川「クラーク記念国際高等学校」※横浜キャンパス
01/25(土) 旭川「アーリータイムズ」※vol.85
01/28(火) 深川「クラーク記念国際高等学校」※秋葉原ITキャンパス
02/01(土) 深川「クラーク記念国際高等学校」※厚木・柏キャンパス
02/13(木) 深川「クラーク記念国際高等学校」※浜松・静岡キャンパス

更に、LIVE日程を鋭意調整中ですので、楽しみにしていただけたら嬉しいです。

さぁ、次なるステージは23日(土)夜7時30分~帯広「演研 茶館工房」さん、24日(日)夜7時30分~本別「エリート」さん、と2連戦です。よろしくお願いします!




高橋真樹 3rd.NEW ALBUM【3】特設サイトは こちら

Facebookは こちら

Official Webは こちら





.

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




9日(土)は紋別「有馬馬21」さん、10日(日)は急遽出演決定となった渚滑「秋の芸術祭」、そして、滝上「ホテル渓谷」さんで唄わせていただきました。皆さんどうもありがとうございました!各ステージ、遠方からも駆けつけてくださって、とても嬉しかったです。今回は、各地への音楽行脚に2年位前からピンポイントで同行してくださっている近藤さんと共に巡る旅となりました。

「有馬馬21」さんでのLIVEは、ツアー構成を軸に新曲『翼』を初披露、渚滑でのステージは、比較的リズミカルな内容で、「ホテル渓谷」さんでは、耳なじみのある楽曲も織り交ぜつつお届けさせていただきました。今回も、音響PA、そして様々な面で「有馬馬21」見上さんご夫妻はじめ、沢山の方々にバックアップをいただいて…あらためて本当に感謝です(汗)

いつも感じることですが僕自身、皆さんに更に喜んでいただける唄・ステージ・ご報告を!とあらためて強く思います。決して一方向ではなく、僕も皆さんも、共に想いが強固になっていく。そんな上向きなイメージで。

次なるステージは、16日(土)夜7時30分~札幌「meteor」さんでのLIVE。よろしくお願いします!!



高橋真樹 3rd.NEW ALBUM【3】特設サイトは こちら

Facebookは こちら

Official Webは こちら





.

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




もう11月ですね。

10月末の「高橋真樹マンスリー」から、ここまでの2週間は、ひたすらにただ1曲の制作に取りかかっていました。その間、このブログもFacebookも更新が渋くなってしまいましたが、今こうしてますとか、今日はこうしましたとか、こう思ってますとか、つらつらと連ねるような在り方に辟易していたというか何というか、まぁ、インターネットをやる気分にならなかったのが実のところです。そう、頻度より密度!!と最大限に宣う私(笑)

NEW ALBUM『3』で、ひとつの世界観を表現できた今、次なるテーマというか何というか、次に臨みたい方向性を模索しては挑んでみるという日々の中、今まで以上に、音楽にとどまらない様々な分野の作品群に心身を奮わせる場面が多くなってきているように思います。そうして、「やりたいようにやる」という自分にさえとらわれずに「やりたいようにやる」という芯を錬磨させつつ、現時点で確固たるものがまたひとつ見えました。だからこそ、僕は言えるのです。あの時代よりずっとずっとマシだよと。

自信ではありません。自信なんてありません。自信がない自分が嫌だから、自分に立ち向かっているだけです。一括して「苦しい状況」と言いますが、その「苦しい状況」ほどネガティブな思考回路がよくはたらくもので、けれども発想を転換すれば、それは全くもって自分を育てるチャンスなわけです。ここまでは、世間一般よく言われることですが。

ここからは、僕の大好きなオッサン「岡本太郎」の金言とも言うべき観点ですが、「ぼくは、たとえ誰もが反対したとしても、あえて難しい方へ向かう。そうすれば、自分にワァーッて衝動が沸き起こってくるし、何とかして立ち向かいたくなるもの。挑戦の連続。それこそが生き甲斐である」と。

2年ほど前、太陽の塔の実物を見た時以来、生意気を言うならば僕の思考と妙に一致点が多く、とても興味深く「岡本太郎」をみていたわけで、まぁ、年齢や生活のために躊躇することが多くなるのは当然の世の流れですが、岡本さんと通ずるように、あえて難しい状況に身を置いてこそ、生きてる実感を一瞬一瞬に深く強く刻めるものじゃないかと思うのです。

だからもう、いわゆる「過去」などいいんです。そんなもん、後生大事に抱えるほどの代物じゃないです。たまにぐらいでいいんです。作品づくりに関して、新たなものを生むためには、一回今までのものを壊すくらいでなきゃと思ったりもします。つーか、そうです。ただただ、先へ。ヒントはいくらでも転がっている。それに気がつけるか、そうでないか。むずかしいことはよくわかりませんが昨日、高橋真樹 史上もっとも前向きな唄が完成しました。タイトルはまだ明かしませんが、とにかく新しいです。

さて!!

高橋真樹 「北海道TOUR2013【3】」 も遂に終盤戦となりました。11/09(土)夜8時~紋別「有馬馬21」さん、11/10(日)夜6時30分~滝上「ホテル渓谷」さん、と唄わせていただきます。

よろしくお願いします!!




高橋真樹 3rd.NEW ALBUM【3】特設サイトは こちら

Facebookは こちら

Official Webは こちら





.

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )