シンガーソングライター高橋真樹のブログ。2017年1月11日(水)新譜『TOBIRA』リリース。よろしくお願い致します!
シンガーソングライター 高橋真樹のブログ☆Open-M-Tune☆



今年も沢山の会場で唄わせていただきました。本当にありがとうございました!!そして沢山の方々と同じひとときを共有させていただくことができたこと、本当に嬉しく感じています。

様々なことが重なった2012年、黙して語らずの場面も多くありましたが、あえて語ることがなかったのは、「すべてを込めてステージに臨む」という唯ひとつに立ち返り、臨ませていただけたからです。本当にありがとうございます。

今日は、東神楽「森のゆ花神楽」さんでの「カウントダウンパーティー」。一年をしっかりと締めくくり、一年をしっかりと始める。その想いで!!

先ずは無事に移動します(汗)


Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




札幌「歌酔倶楽部ありがとう」さんで唄わせていただきました。皆さんどうもありがとうございました!打ち上げの模様はリアルタイムにFacebookに載せてみたので覗いてみてください。今回のLIVEは、一年間を凝縮した内容となり、全25曲、感慨深いものがありました。「今酔もマサキとありがとう」の軸のひとつであるカバー曲は「雪」(猫)、「メロディー」(玉置浩二)、の2曲を。敬称略。

全編2時間ちょっとのLIVEでしたが、あっという間に本編が終わって、あれ?もうアンコールラスト曲?!…という感覚でした。確かに濃い内容、濃い時間だったです。今までの作品を更に唄い込んでいくと、冷静に、というか、感情の込め方の細部に渡るさじ加減みたいなものが、自身の望むべきに向かってきている感じがして、出来立て当初以上にシックリきます。中でも特に『ずっと』や『本名~五衛門にて~』のアプローチは、唄っていて自分でも新たな発見があり驚きでした。

大変有り難いことに2013年も「今酔もマサキとありがとう」が継続されるはこびとなりました!次回は、01月19日(土)夜8時~ですのでぜひ!

さぁ、次なるステージは、大晦日、東神楽「森のゆ花神楽」さんでの「カウントダウンパーティー」!よろしくお願いします!!



Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のラジオ「高橋真樹と心配ご無用!」は先週収録したため、リアルタイムさはないのですが…一年を振り返りつつ、以前この場でもお知らせしました、スリーコードの『鏡』という唄をおかけしますのでお楽しみに。番組宛にいただいたメールはすべて目を通しています。

次なるステージは、29日(土)夜6時30分~札幌「歌酔倶楽部ありがとう」さん、大晦日の夜11時~東神楽「森のゆ花神楽」さんと唄わせていただきます。色々と重なった2012年をしっかりと締め括り、来るべき2013年を走り出していきます。


そろそろ年賀状を作ります(汗)


Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は「高橋真樹マンスリー2012 vol.72 ~Special~」、旭川「アーリータイムズ」さんで唄わせていただきました。皆さんどうもありがとうございました!2012年の「高橋真樹マンスリー」締め括りとして、一年間の季節を辿る二部構成で全29曲、お届けさせていただきました。『タンポポの詩』初披露。

セットリストです。


第一部

01ひよこ
02MITSUBA
03恋文
04伝言
05いつか友よ
06モンシロチョウ
07ずっと
08くもりないぼくら
09天気の話はしたくない
10タンポポの詩
11電話
12拝啓Sapporo

第二部

01アユミちゃん
02えがおでゆこう
03umi
04距離
05月夜
06鏡
07闘いを挑むのは
08白熱灯の下
09校歌
10ゆきむし
11遠郷
12あかし
13心配ないよ

encore

01クリスマス・イブ
02あわてんぼうのサンタクロース
03アーリータイムズで
04流れ星


打ち上げは、久々に朝4時まで。来るべき2013年の「高橋真樹マンスリー」のテーマも決定しました!このテーマは、マンスリー7年目にして初めての試みなので詳細発表まで楽しみにしていてください。次回は2013年01月27日(日)夜7時~開催です。よろしくお願いします!



メリークリスマス!!


Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




「高橋真樹 クリスマスアコースティックライブ2012」、12月22日(土)23日(日)と「ラビスタ大雪山」さんで唄わせていただきました。 皆さん本当にありがとうございました!

まさに勝負の2日間でした。今回は、今まで僕が臨ませていただいてきたどのステージとも異なる初めてのシチュエーションであり、「高橋真樹」という名を知らぬ方たちが大多数ということ、クリスマス時期の大事な大事な一夜であること、正直に言うと、かなりのプレッシャーという以上のプレッシャーを感じていましたが、ただひとつ「懸命に臨む」、この基本に立ち返りステージに臨ませていただきました。結果、この2日間がとても素敵な形となったのも、本当に沢山の方々からのお力添え、お心遣いをいただけたからこそと今、痛感しています。

そうして、余韻に浸りながら先程無事に旭川に着きました。更に精進を!!とどまることなく。本当にそう思います。状況はあらためて、ゆっくりとFacebookの方で記していこうと思っています。

さぁ!!次なるステージは、12月24日(月)夜6時30分~「高橋真樹マンスリー2012 vol.72~Special~」、「アーリータイムズ」さんで唄わせていただきます。よろしくお願いします!!


Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

今日から2日間、旭岳温泉「ラビスタ大雪山」さんにて、クリスマスコンサートに出演させていただきます。ご宿泊客様限定のLIVE、告知ポスターも制作してくださって本当に有り難く感じています。

このコンサート実現にあたって、様々な方々のお力添えをいただいています。しっかりと臨む!!この一言に想いを集約して、新たに勉強したクリスマスソングも多数、「新世代アコースティック」ならではのステージをお届けさせていただこうと思います。

では、行ってきます!!…って、もう出発してるけど(笑)

状況は、リアルタイムにFacebookで更新していきます。

Facebookはこちら

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今週22日(土)23日(日)は「ラビスタ大雪山」さんで唄わせていただきます。状況の更新は、よりリアルタイムにFacebookを中心にと思っていますので是非とも覗いてみてください。

24日(月)は夜6時30分~旭川「アーリータイムズ」さんで「高橋真樹マンスリー2012 vol.72~special~」です。

今年は「一度披露した唄・曲は次回以降できない、且つ、季節に沿った内容で構成する2時間LIVE」をテーマに、1月~11月迄(specialは除く)全155曲披露させていただきました。「高橋真樹マンスリー」が始まった2007年も一年間、一度披露した唄はできないというテーマでお届けさせていただきましたが、それ以上に今年はかなりハードルが高かったように思います。その全155曲の中から、より厳選した約30曲、3時間の内容でお届けさせていただきますのでお楽しみに!

というわけで、今年一年間で披露した作品タイトルを一挙に記して額縁に入れてみました。巷は何かとオークションブームみたいなので、24日に試みてみようかなと思ったりもします(笑)

…さぁ諸々、準備ッ!!

Official Webはこちら
※更新しましたのでご確認下さい。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




何にも知らず、物事の善し悪しであったり判断であったりを見つめるのも何だかで、且つ、鉛筆の芯を単にすり減らしに行くのも勿体なくて、ならばと思い、NHKの政見放送と郵便受けに入っていた公報による知識だけではあったのですが、ほんの一寸ばかりの勉強をまとい、一票を投じてみた次第です。

Official Webはこちら

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




曲作りは勿論、続いています。質的にもアルバム3枚分は出せるくらいです、と言わせていただきます。引き出しは十二分です。リリースとしての発表ができるよう、あとは諸々タイミングかなとも思います。

大変有り難いことに『Expressong』『あかし』両作品共に、幾年も重ねた今もなお継続的に皆さんに手にしていただけています。決して一過性の商品ではない、時を経ても残る作品群を正攻法でお届けさせていただけてきていることにただただ感謝です。これは決して一人では成し得ないことです。そういった内容の第3作目をより良い形で発表することが僕の次なる夢であり課題です。

12月31日、大晦日には昨年に引き続き、東神楽「森のゆ 花神楽」さんでのカウントダウンイベントに出演させていただくことになりました。ご宿泊者様のみお聴きいただけます。

そして今日は夕刻、いつも大変お世話になっていて、且つ、CMソングも唄わせていただいている「道北調剤薬局」さんへ行き、「BOSE L1」という音響機材を使用しての音作りとリハーサルをさせていただきました。日頃の感謝の意を込めて急遽、ミニLIVEも実現となり完全熱唱でした(汗)

その後、先立っての音楽行脚で北見、釧路、帯広と同行してくれた近藤さんとご飯を食べに行き、世代を越えて男二人仲睦まじくまたまた熱い時間を過ごしてから、シメはアーリーで珈琲といきました。

で、今さっき帰宅したのですが、お酒も飲んでいないのに何だか神経が興奮しているようで、こうしてスマホをパタパタとさせながら久々にブログっぽいブログを書いているわけです。

僕は「今日も生きたぞぉーっ!!」という日々を送っていたいだけです。

諸々、よろしくお願いします!!



Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お待たせしました!「studio KJS」プロデュース「高橋真樹 2013 CALENDAR」販売詳細です。ご好評いただいている卓上カレンダー、2013年版はストーリー性重視の写真盛り沢山の内容となっています。

商品名:「高橋真樹 2013 CALENDAR」
制作:studio KJS
価格:¥1,000(税込)
サイズ/スペック:縦10.5cm×横15.7cm
16枚綴り(表紙含む)・フルカラー
※LIVE,EVENT各会場限定販売。限定50部。

限定販売となっていますので、お早めにお買い求めください。12月22日より販売開始です。よろしくお願いします!

Official Webはこちら

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




12月22日(土)と12月23日(日)の両日、「ラビスタ大雪山」さんにてクリスマスコンサートに出演させていただくことが正式に決定しました。そして、来る2013年1月~3月、大変有り難いことに「ラビスタ大雪山」さんにて月に二度、ロビーコンサートをさせていただくはこびとなりました。いずれも、ご宿泊者様のみお聴きいただけますので、是非とも皆さんお越しください。詳細は、Webにてお知らせしていますのでご確認ください。

よろしくお願いします!

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何となくシャッターを切る一枚は、より自らの感覚が研がれるような気もします。

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「studio KJS」プロデュースによる「2012年版 高橋真樹 卓上カレンダー」も残すところあと一枚となりました。ご好評いただきましたこのカレンダー、大変有り難いことに2013年版も販売のはこびとなりました。詳細発表までもう少しお待ちください。お楽しみに。

Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




美幌「プチパーティ」さんで唄わせていただきました。皆さんどうもありがとうございました!「北海道TOUR2012 月夜」と銘打ったLIVE最終日でした。本当にあっという間に時間が過ぎました。何でしょう、色紙にも書かせていただきましたが、「生きていてよかった」と思える瞬間と何度も出逢うことができました。

あらためまして。「高橋真樹 北海道TOUR2012 月夜」に、各地ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました!今、まさに万感の想いです。

今回の音楽行脚は各地すべて、「必要とされていない人間はいない」という明確なメッセージを伝えるべく、ステージに立たせていただきました。ごく当たり前ではありますが、すべてを注ぐという基本に毎回立ち返り、唄しかない自分に決して甘んじることなく、LIVEさせていただきました。正直、今までの旅の中で最も濃厚な日々だったに違いありません。その結果、大いなるプラスの何かを確実に掴めた感があります。とにかく、すべてに感謝してやみません。僕自身、いち表現者のはしくれとして、今の自身の最大限をお届けできたのも、本当に皆さんのおかげと思っています。


…何だか、すべてにおける最終回みたいな文面になりかけていますが、年末にかけてまだまだステージが予定されていますので、詳細が決定次第お知らせしていきます。お楽しみに。


星の輪郭がクッキリと映える美幌の夜。


Official Webはこちら

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




愛用軽自動車「むっちゃん」と共に国道39号線を走り今、温根湯の道の駅です。上川、層雲峡、石北峠を越えるまで、あたりは一面、冬景色を本領発揮させており、運転に集中力を高めに高めて走行していたわけで、しかしながら峠を越えると、雪は然程姿を現しておらず、晴天の下は放射冷却現象、凛とした空気を感じつつ、束の間の休憩中です。

Official Webはこちら

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )