見て歩記

暮しの中で心に留まったこと、なんでもかんでも。

里の秋・序章Ⅲ

2016-09-19 15:11:28 | 自然観察

17日、友人の運転、私は助手席でのドライブで、
芸北へ「赤ソバ」の花を撮影に出かけた。
14号、16号と台風情報も気になる日であったが、
なんとか曇り空で時間はすすみ、念願の赤ソバを収めて来た。
白い花の古来からの蕎麦に比べ、遠くヒマラヤの地から持ち帰られた赤ソバは
「高嶺ルビー」と名付けられて、品種改良の後「高嶺ルビー2011」という、
現在の綺麗な色の花を咲かせる蕎麦になっているよう。
味は普通の蕎麦とは異なり、少しくせがあり、コシがつよくて、
ゆでてすぐ食べないと蕎麦がくっつきやすいらしい。
まあ、蕎麦通でもない私などには、区別出来かねることと思われるが、
その花姿は一目瞭然でピンク色がとてもきれいだった。
欲を言えば、青い空を背景に1枚持ち帰りたかったのだけれど、
又の機会になりましたね。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里の秋・序章 Ⅱ | トップ | 赤色堪能 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL