見て歩記

暮しの中で心に留まったこと、なんでもかんでも。

二つの光景から

2017-05-27 09:42:46 | 景色

この二つの景色を、私は他の誰かと眺めている。
黄の花の咲いている方は4人の女友達で、白のクローバーが咲いている方は高齢の姉とだ。
だから、確かにその人達の心の中にも、この景色は一瞬かもしれないが留まっている。
けれど、どちらも時はすでに過ぎ去っていて、多分、
いやきっと、それぞれの人の心からは消え去っているに違いない。
雑多な心の移ろいの中で、思い出されることもほとんどないのではないか?

私がカメラを仲間に、そうカメラとセットで出歩くようになったのは、
この消え去る感動をより多く、より永く私の心に留めていたいからであり、
ただその瞬間を留め、続く他の感情を如何ほども組み入れないにもかかわらず、
多くを物語るあの目に一目置いているからでもある。

好きな光景だ。
再びその場所を訪れたとしても等しく出合えはしないが、
こうして眺めれば、蘇る感動に浸れる。
そこがいい。
写真はそこがいい。

そして、
この一連の空気感を正しく、細部まで緻密に共感出来るのは
ファイインダーを覗き込んでシャッターを押した自分のみだという感覚がまたいい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早乙女スター・御年5才

2017-05-22 10:53:26 | イベント

21日、豊平・原東大花田植を見に行った。
お天気が良くて、撮影した写真はコントラストの強いものばかりになったが、
水田を風が渡り、陽気としては割合爽やかで楽しめた。
今回33回目の開催で、そのうち昨日は3回目の見学。
飾り牛4頭のなかには、デビュー牛もいたし、
早乙女20名のうち、最年少出演は御年5才。
ぬかるんだ水田で、足をとられることもなく最後まで務めたその子は、
紹介のアナウンスと同時に多くのカメラマンの被写体、スターだった。
華やかに繰り広げられた伝統行事は、
今年も地域の皆様の努力でスムーズに流れ、
見学者の楽しい思い出として残ったに違いない。


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福山・鞆の浦観光鯛網

2017-05-16 15:40:21 | 旅行

15日、誘われて他所の女性会行事に参加して、
福山・鞆の浦 鯛網を観光に行った。
お天気もよく、久しぶりのバス旅行でもあり、
観光鯛網の雰囲気も上々で、楽しい1日を過ごした。
その様子をほぼ時系列で纏めてみました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被写体の飛来

2017-05-10 19:44:35 | 

少し足を痛めて2~3日、大人しくしていましたが、
痛みが和らいだので、今日の午後の少しの時間で
「ブッポウソウ」の様子を見に出かけてみました。

1時間くらい待機しての、今年はじめての出合いです。
まだ、どの巣箱を利用しようか様子見をしている段階らしく、
巣箱近くの電線に停まったり、木の枝に停まったりしています。

また、私の気分もそわそわしてくるのですが、
出来るだけ何度も通って、
今年こそ会心の1枚をと、思っているところです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『オープンガーデン・林庭』を訪ねて

2017-05-06 13:12:21 | 


今年、「北広島町・山野草見学コース」というチラシを手にして、
その中の豊平エリア「林庭」に 5/4 お邪魔してみた。

※ 雑木・花木(椿・アジサイ・ムクゲ)と、山野草のこじんまりした庭です。
  豊平に移住して10年で少しずつ庭らしくなったので
  オープンガーデンをすることにしたのですが、まだ発展途上の庭です。

と、おっしゃるお庭には、今、これだけのお花が咲き、静かな雰囲気で迎えてくれます。
公開は7日、PM4時までです。
趣味でなさっている「やきもの」の展示即売もなさっていますので、
興味のある方は訊ねられると、癒されますよ。

デジブック 『オープンガーデン・林庭』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北広島町・大暮地区散策

2017-05-03 15:35:36 | 景色

2日、限界集落を訪ねるのが好きなご仁のお供で、
安芸太田町平見谷方面へ出かけた。
「平見谷」がそういう場所かどうか、私は知らないのだが、
集落の案内看板の絵地図で、
多分家の名前が書かれていたのかもと思われるものがあって、
そこが白く塗りつぶされているから、そんな場所のようにも思える。
数軒の家は建屋だけで今は無人なのであろう。

私にはそのことよりも以前訪れた場所の記憶があいまいで
気がかりだった場所北広島町「大暮」が、
今いるところよりさほど遠くない気がして、
関心はそちらに向き、ハンドルもその方向に切っていた。
記憶は確かで頭の隅っこに残っているイメージの場所は、
やはり、「大暮」への入り口あたりに間違いなかった。
確認の為、雪の日訪ねて、そう昔ここまで来たことがあるの。と、
一緒してくれた人に言えなかったのは、
印象に残っている建物(それは、2階建ての小学校で、今は廃校になっている)を
挟んだ裏表の道違いで、その場所にたどり着いいてはいたのだ。

納得出来たから、お連れのご仁を促して、
その場所から更に奥に在る「大暮養魚場」を目指してすすんでみた。
養魚場は今日からの連休をあてにして準備に余念がない感じであったが、
釣り人の人影はみえない。
拍子抜けしてすぐ帰途につくが、そばに高炉を見つけ、そこにまわる。
そこは昔盛んだった「たたら」のあった場所らしく、画像の高炉と石垣が残っていた。
詳しくは看板の説明参照。
これで北広島町「大暮」地域の制覇が出来たのかどうかはわからないが、
ひとまず、気がかりは解消している。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の頃 Ⅱ

2017-04-30 16:31:56 | 樹木

29日、写真の教室から「シャクナゲ」を撮影に行った。
花は少し盛りを過ぎたのもあったが、まだ元気なのも沢山あって堪能。
個人の方の情熱の掛け方としては、すごーい!といえる規模の右平「花園の里」は、
アクセスの道の狭さに難はあるが、楽しく遊べる。
特に私のように山の自然に触れたがる向きには、いい。
この時季、山の緑のまだ淡い色が心を捉えて、
お天気良好、青空も十分、という条件も手伝って、命が伸びた気がする。
シャクナゲもいいけど、新緑はいいね。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青空を背景に

2017-04-25 10:25:14 | 樹木

単純画像ですが、背景が青空だと映えます。
何に癒されるかは、その人その人で違いますが、
私は自然の営みの移り変わりを目にし、感じて過ごすのが好きで、
よく気持ちを預けます。
カープが好きで、試合の結果に一喜一憂してみえる人と同じ位、
こんな景への出合いの有無が気持ちを左右しているのです。
十人十色ですね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の頃

2017-04-21 21:32:34 | 

近辺の桜のシーズンは終わり、木々の新芽は大急ぎで
新芽から若葉へと移行しているようです。
そんなに急がなくても。
すべてにじっくりタイプの私は不満なのですが、
曇りだ、雨模様だとおでかけを躊躇っているうちに、
日時はどんどん過ぎ去って,
新芽の美しい時期を短く感じます。
今日、あんなに可愛らしかった新芽の樹木の葉が、
次に見る日にはもうしっかりした若葉に成長しているから、
驚くと同時にがっかりするのです。
桜から樹木の新芽へと
どれだけあの柔らかい緑の色を私の被写体に出来るか。
又元気に動き回りたいと思います。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 観桜行脚 Ⅷ

2017-04-16 08:55:33 | 

本日、コメントなし。













撮影場所:益田市美都・匹見・安芸太田寺領 撮影日時:4/15

コメント
この記事をはてなブックマークに追加