*村ちゃんの古城跡散策!

村ちゃんの城跡写真の紹介!

*村ちゃんの歴史街道!     *一宮市編!     *美濃街道!    *船橋!   

2017-08-08 | Weblog

   (御召船の屋形)

*起渡し場には、常時3隻の定期船のほか、鵜飼船17隻・馬船14隻がおかれ、

  20人の船頭がいて「尾張藩」より扶持米が与えられていました。

  渡し場は藩の御舟手奉行のもとに「船庄屋」と「船方肝煎」がいました。

  藩との関係の深い通行者には、船2隻の上に屋形を組み、「御召船」としました。

  内部は畳3枚分の広さです。 大名などが船に乗り降りのさいには、

  船が揺れないように「船押人足」が、川中から背中で船を両面を押さえました。

 

      (船橋)                                                  

*船橋、将軍・朝鮮通信使・八代将軍「徳川吉宗の生母」の通行にさいして、

  船橋を架けました。 長さ855mという日本最大の船はしです。

  木曽川の起に架けられた「船橋」は、全長855m前後、船数270艘を越える、

  日本最大の船橋で、当時は「起川船橋」と呼ばれた。

  宝暦14年(1764)の朝鮮通信使の来朝を最後に、架けられる事はなくなったものの、

  「尾張名所図会」は、起川船橋を「海道第一の壮観」と称し、又、

  朝鮮通信使の一行も、舟橋の壮大さを記録に残している。

         ( 説明板=一宮市起堤町168-1)

     (起渡船場跡・船橋跡・説明板) 昭和四42年8月28日指定(一宮教育委員会)より。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« *村ちゃんの歴史街道!  ... | トップ | *村ちゃんの歴史街道!  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL