しあわせになりたい

身近にあった出来事書いていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう、嫌だ

2007-05-31 15:59:28 | Weblog
実母からたまにある電話・・・。
前は、応援で、うちに来てるとき以外、ほぼ毎日のように目覚まし代わりに電話があったのだが、今は、電話が掛かってこない。私から掛けることも無い。

書けない理由:必ずののしられるから・・・。母の言う事に対してはあんたは全て否定すると言われ続けるから・・・。

私のしている事が正しい事ばかりでもないけれど、人にはそれぞれの価値観というものがある。けれど彼女にとって、自分の価値観=全て正しい事 例えば、音楽にしてみても、クラシック=正しい音楽、歌謡曲=げせわなもの 
そんな感じで全てを決め付けられる。
昔は、それでよく衝突をしていた。だけど今の私には、そんな力はない。
そして、今の私にたいして、「調子はどう?たまには、外にでたりしなさいよ?」そこまではいい・・・。心配してくれてるのだと思えるから。その後に必ず付け加えられる言葉・・・。「まぁ、こんな事いったって、あんたは私の言う事なんて聞かないから言うだけ無駄・・・。腹が立つからこれ以上言わない」そういって電話を切られる。

元看護婦(看護師)だった母・・・。精神科に勤めていた事もある母・・・。私の今の状態がどんなであるか、その一言が、どれくらい重くのしかかるのか知識でわかっているのにもかかわらず出てくる一言・・・。何故そんなことするのだろう・・・。
離婚こそしてなかったけど、家庭環境の都合から、女手一つで育てられたような状態・・・。そして、看護婦のトップまで上り詰めた母・・・。全ては上司の目でしか見られないってことなのかな…。

どう対処していけばいいんだろう・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショックな出来事 | トップ | どうしようかな・・・ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても共感できる文章です (コージ)
2007-07-31 13:21:00
こういう親はよほどのことがない限り治らないと思っています。自分の親もそうなので困っています。どうすれば変わってくれるのか僕も知りたいです。

もし結婚して自分の子供ができたら、子供にはそう接したくないなぁ
Unknown (みっきー)
2007-08-13 01:55:14
コメントいただいていたのにぜんぜん気がつかなくてレス送れてすみませんm(_ _)m

自分より当然たくさん生きているわけですから、価値観というものは、変えられないでしょうね・・・。
結局、どう自分がこれに対して、回避していくか、それを考えるしかないでしょうね><

コメントを投稿

あわせて読む