ちょっと一息  加藤 幹夫のブログ 

天網恢恢疎にして漏らさず

南三陸町で森林組合、漁協、農協と懇談

2010-02-18 22:22:32 | 林業、漁業
 今日は、午前中は雪が舞いましたが、南三陸町に入り、森林組合、漁協、農協を訪問し、懇談しました。
 最初に訪問・懇談したのは、南三陸森林組合で、代表理事組合長の加藤充夫さん、総務課長の山内日出夫さんが応対してくれました。木材の価格がこの1年間で1㎥あたり3千円も値崩れしていること、これでは所有者の手元にはお金がほとんど残らないことなど、現状が出されました。地球温暖化が問題になり、政府が25%のCO2削減を言い出す中で、いまがチャンスだと話していました。組合長さんの熱意ある訴えに心がうたれました。

 午後は、県漁協の志津川支所を訪問、支所長の遠藤一男さんと懇談しました。特産品である養殖のカキやワカメの現状とみなさんのご苦労がよくわかりました。漁業は、所得補償の制度がない中で、漁業共済の掛け金が高くて加入できない人が多く、安心できる共済になるよう行政の支援を要請されました。

 最後に、南三陸農協を訪問し、代表理事組合長の西城弘さんと懇談しました。農業は、非常に魅力的な職業で、所得が安定すればやってみたい若者はたくさんいる。問題は、再生産ができる所得補償だ。食糧危機は徐々にやってくるのではなく、ある日突然襲ってくる、そのときのために、しっかりと備えておかなくてはならないと話されました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診療所のみなさんと懇談 | トップ | 宮城県漁協亘理支所を訪問、懇談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

林業、漁業」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事