ちょっと一息  加藤 幹夫のブログ 

築城3年、落城1日!
1%の瑕疵や落ち度が身を亡ぼす!

相模原事件を考える

2016-08-09 15:55:35 | 学問、文化

今日の「しんぶん赤旗」に、竹内章郎さん(岐阜大学教授)が、「相模原事件を考える 重度障がい者との日常と優生思想の克服」という論文を投稿しています。様々な障害をもった人を排除する優生思想は、程度の差はあれ、この国にかなり浸透しているのが現状です。今日の竹内さんの文章は、実にいろいろなことを考えさせられます。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKスペシャル 決断なき原爆... | トップ | 憲法9条は、日本側からの提... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む