アガリクスの宣伝本をたくさん出版していた関係者に逮捕者が出たことは、業界には大変ショックなことだろう。

漢方専門の製薬メーカーでさえ、熱心に製造販売して、やや本末転倒気味のところもあるくらい、よく売れるヒット商品として喜んでいる所もあったみたいだが、これを期に、本来の医薬品としての漢方薬方剤の開発に力を注いで欲しいものだ。

早くから、あれは大したものじゃない、と広言してきたヒゲ薬剤師だが、効く耳を持つ業界関係者は、ほとんどいなかった!

なぜか?

よく売れて、儲かるからであろう。

今後、アガリクスが、市場からどのような動きをするか、興味深い。

悪貨は良貨を駆逐するというが、良貨が悪貨を駆逐する時代になってほしい。
(チト、意味が違う部分もありますが・・・・)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 西洋医学化さ... ゴマすりメー... »


 
 ランキングナビ 人気サイト